仕事

2012年3月31日 (土)

天気は大荒れ、着実に春の気配

先週の今頃は地元ラジオ局のイベントへ出掛ける準備で大忙し。テレビやラジオの番組予約もしないといけないし、持ち物の最終確認もしなければならず、本当にバタバタしていました。当日が来るまでは日々の天気予報の動向に一喜一憂し、数日前にどうにか晴れマークが出てきてくれて一安心。当初は完全な「雨仕様」で出掛けるつもりだったので、それを考えれば風が強い上に寒かったとはいえ、天気が回復してくれただけでもありがたく感じたものです。実際のイベントも非常に楽しく、行列に並んだりしていた関係もあって一部のブースはのぞけずじまいで終わったものの、同じ番組を聴いていて仲良くなった人たちとも会って有意義でした。
もしかしたら先週も状況次第ではこんな天気になっていた可能性があり、そう思うとつくづく先週でよかったと感じます。昨日も朝から午前にかけては晴れていて、本当に下り坂へ進むのだろうか…と疑問に思うくらいでしたが、午後から徐々に曇って夕方以降は日差しも見えるものの、ほぼ曇り。更に強風のおまけまでついてきたものの、冬の時期に吹く西や北西の冷たい風ではなく、春の時期に吹きそうな暖かい南の風だったので、そういう点では助かりました。昨日、朝鮮半島付近にある低気圧が急速に発達しながら東北東に進んでいる為、今日はほぼ全国的に風が強まると気象庁が発表。こちらでは上でも書いているように昨日の時点でも風が強まっていて、家の前を豪快に吹き抜けていく音が聞こえます。特に東海から東北地方の太平洋側では風が非常に強く、雷を伴って1時間に30~40mmの激しい雨が降る所がある見込みで、暴風や土砂災害、海上の高波に警戒が必要とされています。明日から新しい月、新しい年度を迎えようとしているのに、今月&今年度の最終日の天気は、まさに大荒れです。

昨日の記事でも書きましたが、昨日は勤務先で年に2回の「面談」がありました。いろいろ言われたものの、できるところは全て1人でこなし、できないところだけ手助けをしてもらいたいと考えている自分にとっては、今の環境の方が仕事をしていてやり難いのかなと感じます。特に昨年は4月以降にあっという間というか怒とうのように仕事が増えてしまい、今までのペースやサイクルでは全くといっていいくらいに回らなくなってしまいました。逆に言えばそれだけ勤務先側が期待しているのか、それともできそうな人間へ全てシフトしていっているのか、真意を見定める事はできませんが、いずれにしても日常生活でも支障が出そうな雰囲気になっているのは確かです。それにしても最近は特に午後の時間帯になると「睡魔」が酷くて困ってます。

続きを読む "天気は大荒れ、着実に春の気配"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月30日 (金)

自身の話&その他の話

月末&年度末につき、しかもこういう時期に限って駆け込みの業務が入ったりで、社内は非常にバタバタと騒々しい状況が続いています。更に今の時期といえば年に2回行われている「面談」があり、上司といろいろ話す機会があります。一応、今週の初めまでに「面談シート」と呼ばれる書類を作成したのはいいものの、さて何を目標にすればいいのやら…実は自身の業務に関する「作業手順書」も最近は業務が年間を通して多忙になっている為、ほとんど作成もできていない状態だったりします。
来週に入ればいつも通りに月初の処理があるんですが、いつも以上にプレッシャーが掛かるのが決算の時期に掛かっている為です。きちんと全ての業務を片付けた上で来期に繰り越さなければなりません。月初&決算を乗り越えてやれやれと思ったのも束の間、来月に入ると本来の業務が更に多忙と化してきます。簡単に言えばしばらく家で過ごす週末以外は忙しいという意味です。

昨日の朝、市内で事故がありました。ちょうど通勤や春休みとはいえ学生も部活等に出掛ける時間帯であり、こういう事故に出くわすと非常に困った事態に陥るものです。また、県内では相変わらず電車での人身事故が絶えません。平日の通勤や通学の時間帯で起きるのも困りものですが、これが週末だったりすると同等レベルくらいの困った事態に陥ります。いつも書いている内容ではありますが、きっと多くの人に迷惑を掛けているという感覚すらなくなっているんでしょう。
昨日の朝の事故は市内の天竜区にある交差点で起きました。大型トレーラーが天竜浜名湖鉄道西鹿島橋(桁下約3.7m)をくぐり抜ける際に積み荷の建築用木板がガードにぶつかり、落下して道路をふさいでしまったそうです。運転手にけがはないものの、落下した積み荷の撤去作業で現場は2時間以上、通行止めとなりました。西鹿島の駅は天竜浜名湖鉄道と遠州鉄道の2つの路線が通っている地域で、現場は遠鉄の西鹿島駅にも近かった為、通勤客を乗せた路線バス等が迂回する事態に発展しました。交差点だったのもあり、大きな渋滞にもなっただろうし、駅へ利用者を送り届けようとした車もほとんど動けずじまいだったと思われます。
先週末の午前、ちょうどお昼の時間帯に差し掛かろうという時間帯、沼津市のJR東海道線の踏切付近で、三島発島田行きの下り普通電車(3両編成)が線路内を歩いていた人と接触し、この事故で接触した人は亡くなりました。警察が事故の原因を調べているそうですが、この事故の影響で上下線計19本が運休または部分運休し、3本が最大75分遅れ、約3150人が影響を受けました。

続きを読む "自身の話&その他の話"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月14日 (水)

昨日の出来事&ホワイトデーの話

昨日も相変わらず寒くて、平年に比べると最高気温で3~4℃低い日々が続いているようです。先週末に雨が降るまでは暖かく、一時は最高気温が初夏並みまで上がった事もありましたが、今はすっかり「冬」に逆戻りです。しかし、どうやら今日まで寒い日が続くものの、明日以降は再び気温が上がってくる予報が出ているので、そういう点では安心。ところが困った事に今週末も先月からずっと続いている事ですが雨の予報が出ていて、それはしかも土曜日。実はJリーグのホーム開幕当日にあたっていて、既にチケットも購入済。2枚確保していて1枚が余っている状況ではありますが、試合開始時刻が17:00と少々遅い上に天気の状況を見ると周辺で誘えそうな人材がいないのが現実。
ちょうど仕事も社内全体がいわゆる「モテ期」で既に一部の人間は今月に入ってから残業が続き、昨日からは自身も担当業務以外で残業するようになりました。今の状況を考えるとしばらくはこんな調子で推移するので、社員を誘うのはどう考えても無理な話です。

昨日、勤務先に以前の職場でお世話になった人が来ました。実は今月の下旬で「定年退職」するというので、その挨拶回りの一環として来てくれたようです。数年前から様々な仕事が委託されるようになってからは私自身ではないですが、他の担当業務の社員とやり取りする機会が一挙に増えました。
私が以前の会社に入社した時、いろいろな事を教えてくれた存在です。最後の職場で肉体的・精神的に追い詰められて「辞める」と決断した時も、わざわざ自宅まで電話をしてくれたり、自身の業務が多忙にもかかわらず、外へ食事に誘ってくれて話も聞いてもらいました。他にも様々な出来事がありましたが、以前の勤務先では最もお世話になった存在かもしれません。自身も今年の4月で以前の勤務先にいれば入社して早くも20年が経過しようとしています。それを考えると上司等が続々定年等で退職していくのも必然的な話です。実は「お世話になったから」とお菓子をいただいてしまい、予期せぬ出来事だったので何のお返しも用意してなくて、非常に申し訳なく思った昨日の出来事です。

続きを読む "昨日の出来事&ホワイトデーの話"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 6日 (金)

「今年」が本格的に始動

昨日から自身の勤務先も仕事始め。昨日は始業前に簡単な全体朝礼が行われて仕事が始まったものの案の定、月初で多忙。しかも今日までに片付けなければならない仕事があるので、恒例ですが早出の「残業」です。他にも毎週のお決まりの業務があるので手伝いたい気持ちもあるんですが、こっちを片付けないとどうしようもない訳で、実は昨日も似たような状況になって非常に申し訳なく思った次第です。
自身はどうにかこうにか年末年始を病気もせずに乗り越える事ができました。数年前までは年末か年始のどちらか、酷い時は年末から年始にかけて酷い風邪を引いて年越しが布団の中でうなりながら過ごした事もありました。以前の勤務先でも当然のように始業式があり、ある年は風邪が治り切らない状況で出勤し、しかも始業式の間はコート等の上着を脱がなければならず、寒風吹きすさぶ外で寒さと体調の悪さで凍えながらお偉いさんの話を聞いていたのを思い出します。
今週は今日まで仕事をして、明日から再び3連休。まだまだ連休モードから抜け出すのは時間を要しそうな気配もしますが、再来週にはいつの間にか抜け切っているでしょう。

月末や月初には新聞の折込チラシの中に周辺の保育園・幼稚園・小学校・中学校の行事予定等が書き込まれた1ヵ月の「月間予定表」というのが入ってきます。もちろん地区ごとの予定も入っている訳で、ある意味で言えば便利な存在ではあります。それを見ていたら住んでいる地区の小中学校は昨日から今日にかけてが始業式のようです。以前は公立の小中学校は統一して始業式や終業式が行われていたものですが、今は各学校で決めているみたいです。
原発事故の影響で児童生徒の転出が続く福島市では一昨日に公立小中学校が例年よりも早い3学期のスタートを切ったそうです。放射線の影響で夏休みを1週間延ばした分、授業時間の確保を迫られた為、冬休みを7日間に大幅短縮したもので、こんなところにも事故の影響が色濃く残り、子どもたちだけでなく、学校関係者もある意味では「被害者」のように感じます。ある小学校では2学期中に13人が転出したものの、3学期になって4人が戻ってきたそうで、始業式終了後には早速、授業が始まったそうです。福島市を除く福島県内のほとんどの小中学校は3連休明けの10日が始業式。警戒区域等の設定で役場機能が移った自治体も同様で、冬休みが福島市と同じ7日間だった本宮市は昨日から3学期に入っています。

続きを読む "「今年」が本格的に始動"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月29日 (木)

仕事納め(関連する記事)

別記事で書いた「仕事納め」に関連する記事を集めてみました。

全国的に見ても昨日が仕事納めにあたる官庁や企業が多かったようです。ただ、多くの人が帰省等で故郷を目指し駅や空港、道路が混雑するニュースが出る一方、仕事納めを迎えても地震や津波の被害からの復興に向け奔走する自治体や原発事故の対応に追われて来春組織再編で名前が消える経済産業省原子力安全・保安院等では厳しかったこの1年の締めくくりを迎えたものの、「休んでいる暇はない」と表情を崩していない人たちがいるのも確かです。
今回の原発事故で一際注目される存在となった保安院。しかし事故後に放射性物質の拡散を予測するデータを公表しなかった事を始め、事故対応等の不手際も徐々に発覚して批判が集中。原発推進の経産省と規制官庁の保安院が一体となっている事の問題点も指摘され、結果として新たな組織へ再編される事になりました。

今年は東日本大震災に始まり、各地で地震による被害が続出。台風もいつもは夏にならないと来ないのに今年は何と5月下旬に最初の台風が襲来して大雨を降らせ、以後も接近する台風は大型で動きが遅く、長期間にわたって被害をもたらしました。以前の記事で書きましたが、気象協会の県内支部が出した天気の「今年の10大ニュース」でも上位は軒並み台風や大雨が占めました。
2011年に自然災害で被災した港湾、道路等の国が所管しているインフラは15日時点で4万1862ヵ所、被害総額は2兆5179億円に達する事が判明。この金額は過去5年の平均額(同時期)の13倍に当たる数字で、今年が如何に自然災害というか大規模な災害が多かったかという意味です。震災を中心とする地震関連が2兆949億円と約8割を占め、紀伊半島を中心に大きな被害が出た台風12号等の台風関連は2805億円、7月の新潟・福島豪雨等の豪雨関連が1088億円。
ただ、原発事故で被害実態が分からない地域が依然残っているので、その地域の被害状況が分かれば被害額は更に膨らむのは確実です。

続きを読む "仕事納め(関連する記事)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事納め(自分と県内)

ようやく昨日で今年分の仕事が終わりました。勤務先全体を見回せば年末から年始をまたぐような仕事が残っている状態で、更に長期休暇をはさむとある業務は量が増える可能性が高い訳で、ただでさえ月初の処理で明け暮れそうなところへ上のような状態と来れば来月も自身の予定で「有休」が取得できるかどうか分かりません。ちなみに今月、よくよく自身のタイムカードを見たら有休を取得していませんでした。基本的に特段の用事がない限りは休日以外で休む事がないので、いつも有休は残り日数を「切捨て」で終わります。
ちなみに手の「あかぎれ」と足の「しもやけ」を診てもらうべく、昔から通院している皮膚科へ出向く事に決めました。冷え性も関連している可能性があるので、他の病院へ行かなければならないかもしれませんが、ひとまずは近所の皮膚科へ行ってきます。

今年を振り返ってみると仕事量も増えたし、内容も一挙に広範囲へ拡大。一部の業務を他の人へ回し、「教わる」立場から「教える」立場へ変化する、非常に動きの激しい1年でした。
1~3月までは今まで通りのペースで仕事をこなしてきたんですが、激震が走ったのは4月に入ってから。別の会社の一部業務が勤務先に入ってきて、その業務が一気に自身の業務と化した訳です。しかも教えてくれる人がいるのは数ヵ月のみという「期間限定」。最初の1ヵ月はとにかく覚えるのに必死で、しかもその業務の範囲は尋常じゃないくらいに広い。当然ながら今までの業務もある訳で、1ヵ月が多忙なままで過ぎていく日々でした。
結局、先に移管された業務以外も勤務先へ全て移管され、以前の名残で分断状態だった職場も度重なるレイアウト工事の結果、現在のような状況になり、勤務先全体の人数もあっという間に50人近くまで増えました。新たな業務が続々入ってきている一方で、今までのようなペースで自身の業務がこなせなくなったのも確かで、一部の業務は全て専門的に担当している人にお任せ。また簡単なところは他の人に教えたりしながら片付けてきました。
今年程の激動はないと思いますが、来年も1ヵ月があっという間に過ぎていくような日々が仕事の面では続いていきます。

続きを読む "仕事納め(自分と県内)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月30日 (金)

仕事の話

昨日も同じタイトルの記事について書きましたが、今日も少々書かせてもらいます。9月というのは自身にとって実は忘れられない月であり、今の勤務先になってからは1年間のサイクルの中でも最も忙しいか、それに準ずるくらいに多忙な時期です。

7年前、ちょうど当時は30日が休日の上、前日の午後からハローワークが主催している年2回の障害者向けの「就職面接会」があり、それに参加する目的もあって29日に以前の職場を退職。それまでもバタバタしていた上に最終日は午前からあちこちのお世話になった職場を回り、昼食時間へ入る直前に職場で簡単な式典みたいなものをしてもらい、職場を去りました。
少し前から残業続きだったところへ新たな仕事も舞い込んできて、よく表現される「家と会社の往復」という日々を過ごしてきました。また、残業しても片付かない仕事は家まで持ち帰ってできるところまでやる始末で、こうでもしないととてもじゃないですが、職場で仕事を全て片付ける事ができませんでした。そこへ更に職場活動の責任者という役目まで回ってきてしまい、肉体的と精神的の両面で追い詰められ、そして精神状態が自分でもよく分からない状況下で退職を決断。事情をよく知っている職場の人や以前の職場の人からは引き留めや再考を促すような言葉をかけてもらったりしましたが、もしあのままで現時点でも職場にいたら、間違いなく肉体的か精神的か、もしくは両面で「壊れていた」と思います。
結局、面接会に参加する前に派遣という形で今の勤務先にお世話になる事が決まって参加せず。1ヵ月間の猶予はひたすら家でダラダラする日々を過ごしました。そういう期間が当時の状況を考えると、とても貴重だったと思います。振り返れば面接会に出かけるのを決める以前にも、いろいろな会社へ面接に出向きましたが、やはり「普通」の条件で就職するには難点ばかりで、特に大きいのが「要免許」の項目が多い点。正直、この項目を出された時点で私の条件はダメになります。

続きを読む "仕事の話"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月29日 (木)

自身の話、仕事の話

社内で起きていた月末の「大混乱」もようやく峠を越えつつあります。ただ、自身の使用しているPCに関してはまだまだ「完全」とはいえず、業務で必要になる機能がいまだに使用不可。お陰で業務が一部滞っているのが現状です。今回の入れ替えで会社のPCはOSがXPからVistaを越えて、いきなり7になり、WordやExcelも2003から一気に2007へ変わりました。家で使用しているのはXPで2003だったので、だいたいは使いこなせていたり、画面等の設定も自分が見やすいように変更していましたが、仕様が変わったら、それまでとまるで別物のような変貌ぶりで四苦八苦。どうにか画面の設定等は変更したものの、今まで100%の倍率でも大きく見えていたWordやExcelが突如として小さくなり、倍率を上げないと見え難いという事態が発生しています。今後も相当に苦労するのは間違いないでしょう。

会社でのメールは専用ソフトを経由して行っていますが、家のメールは基本的にWebメールを利用しています。以前はソフトを利用していた時期もありましたが、更新手続きの際に使用不能になってからは放置状態。上でも書いているように自宅のPCはソフトの関係もあってXPのままにしてあり、作成してくれた修理専門業者の方からは「7へのバージョンアップも可能です」と言われた事を思い出しましたが、会社での事態を想定するとXPのままでもいいのかと正直に考えていたりします。個人的な見解ですが、XPでもそんなに不都合な事ってないんですよね。
「新たなシステムが始まれば古いシステムが消える」のは、どの世界でもお決まり。自身が利用している@niftyの「Webメール」も旧バージョンについては利用者の減少で来年の3/29をもってサービスを終了するという告知が出ていました。これに伴って付属の機能も今年の年末から順次終了していくそうです。見やすいように画面の設定を変更してある自分にとって「旧バージョン」のいいところはアイコンがきちんと見えている点と不要なメールは未読のままで削除できる点でしたが、試しに新バージョンでやってみると、やはり使い勝手が悪いと感じました。会社のPC共々「慣れていくしかない」というのが現実みたいです。

続きを読む "自身の話、仕事の話"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 4日 (日)

地元をPR&勤務形態に変化?

勤務先では先月で節電対策に伴う勤務日変更期間が終了し、今月から通常通りに戻っています。つまり、先週までは月曜が休日でしたが、明日以降は通常通りに戻る訳で、まだまだ違和感が抜けそうにありません。なお、勤務日変更は終了したと書きましたが、完全に終わった訳ではなく、まだ休日の方が1日多くなっています。そこで従来は休日になっていた11/3の祝日が出勤日に変化し、これが終わると従来の勤務日と休日へ戻ります。
11/3といえば毎年、Jリーグの「ナビスコ杯」の決勝が入っていて、昨年はたまたま休日だった為に見れましたが、従来は連休以外だと出勤日にされている事が多いんです。ところが今年の日程を見たらナビスコ杯の決勝が週末の10/29に設定されていました。ようやく安心して観戦ができる状況になりました。

自動車関連が「木金」を休日にして「土日」を出勤にする対応を始めたのが7月。市内を始めとする周辺地域は自動車関連企業が集中していて、この影響を様々な形で反映される事が多くなってきました。週末が「金曜日」ではなく「水曜日」に変化する等です。
ところが、ここに来て自動車大手の多くが節電対策の為に休日としてきた木曜日の操業を再開する動きを今月から活発化させています。業界団体が音頭を取って電力需給の逼迫を避ける為に7〜9月は木、金曜日に工場の操業等を休み、土、日曜に稼働する異例の対応を続けてきましたが、ここに来て電力需要がピークを過ぎたとの判断から各社共に操業日を増やして大震災で落ち込んだ生産を挽回する狙いがあるようです。
トヨタの例ですが愛知県内の工場で9月中に5日間ある木曜は全て操業し、震災後に部品の調達難等で生産を停止して休日とした10日分の一部を振り替えるそうです。他の企業でも同じような動きは出てくるはずで、これまで「週末」だった水曜にも変化が出てくるのは確実。自宅の周辺も木金は静かで、土日が平日のような状況と化していましたが、これがそのまま反映されれば木曜が通常の光景へ戻る訳です。

続きを読む "地元をPR&勤務形態に変化?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月24日 (水)

長期休暇明けの1日

一昨日で長期休暇が終わり、昨日から仕事が始まりました。基本的に一部の日を除いて起床時間も変えていないし、寝る時間も変えていないので、いつもと同じように目を覚まし、いつものように準備をして勤務先へ向かいました。ただ、長期休暇の期間中に職場で大活躍している「円座クッション」を持ち帰っていたので多少、荷物が大掛かりになったのは言うまでもありません。
昨日の記事でも書いていたように、ここ数年で拡張&レイアウト変更を度々行ってきた我が勤務先。以前に勤務していた人が来て職場の中を見渡したら、あまりの激変振りに必ずといっていいくらいに驚くだろうというくらいに激変しました。これで最終的な確定になるだろうと自身では思っているんですが、果たして真相はどうなのか?お陰で今まで使っていた「作業スペース」が消えてしまったので、これからは大掛かりな作業をする際は移動しなければならなくなりそうです。

昨日は勤務先へ来たら席周辺の確認と休み前に片付けておいた荷物の確認。業務も休み明けというので覚悟はしていたものの、予想通りに大所帯で片付けるのに必死。最後は提出時間に間に合わなくなるのではという心配もしつつ、他の人もフル稼働で手伝ってくれたお陰で何とか片付きました。ただ、フル稼働状態は今日も継続必至で、昨日の時点で荷物を取りに行った際、不吉な物を見つけてしまいました。更に自身が単独で行っている業務も昨日から本格的に募集を始めたら、初日から応募が殺到。ある程度は予測していましたが、今日以降もとんでもない状況と化していそうな雰囲気です。あっちもこっちも作業で飛び回っているというのが今の自分の姿です。
ちなみに休み明けは当然ながらいろいろな人がいろいろなところへ出掛けている訳で、お土産と呼ばれる物が職場内を飛び交う時期でもあります。

続きを読む "長期休暇明けの1日"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧