健康

2014年2月15日 (土)

ある新聞記事より(昔の回想)

今年に入って「車椅子で修学旅行」という題の記事を地元新聞の「県内総合版」で見つけました。ここの欄に警戒されていると通常はネット版でも掲載されると思って探してみたものの、結局は出ていなくて無念。しかも、同じ高校生を取り上げた記事が数年前にも高校受験の際に当時中学生だった頃に記事で登場していて、その時もネット版に記事がなかったので新聞の紙面をそのまま保管してありました。ちなみに今回の記事も同じように保管してあり、ネット版に出ている記事も気になる部分は保存してあるし、出ない記事はなるべく紙面をそのまま保存するように心がけていて、あっという間にとんでもない厚さになっていたりします。

主役の高校生は車椅子生活を余儀なくされている上に日常でも介護を必要としていて、受験の際に特別支援学校ではなく普通高校を希望し、見事に合格した記事を見つけたのが存在を最初に知ったきっかけ。当然ながら通常の高校の校舎は「バリアフリー」という考えがない状況で建てられたものが多く、ましてや移動に困難を要する車椅子で、加えて日常でも要介護。断られ続けた結果、ようやく許可を取り付けたのが今の高校。実際に自身の母校を改めて振り返れば正門を越えてすぐに階段が待ち構え、学年の昇降口へ行くまでの段階で更に階段、加えて三田が多数の上に通路はレンガ。お世辞にも「バリアフリー」に対応しているとは言い難い状況です。
実は私自身も高校受験の際に「特別支援学校」か「普通高校」か打診された事があり、「レベルが違いすぎてついていけない」と言われて結果的に普通高校へ行く事になりました。視覚の特別支援はいわゆる「全盲」やそれに近い生徒が行く施設であり「見えている」身にとっては、まさに「別世界」。自身が「特別支援学級」へ行ったのは小学校の6年間だけだったし、唯一学級で同級生だったのも何故か学区外なのに同じ中学へ来てるし、受験したのも普通高校だったのが後に発覚。

続きを読む "ある新聞記事より(昔の回想)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月24日 (金)

長い冬、遠い春2

今週の始めにあたる1/20は二十四節気の「大寒」であり、ここから来週の「節分」、もしくは「立春」までは暦の上で「1年で最も寒い時期」。「立春」が来ると暦の上では「春」になりますが、実際はまだまだ「冬」であり、別記事でも書いている通り、今年は春を実感できるまで長く待たなければなりません。早い話ですが、3月の下旬には例年参加しているイベントがあり、年によって気温がまるで違って極端に出ます。長期予報のままで推移すると、どうやら今年は例年以上に防寒対策をした上で出かけなければならないようです。

県内でもこの冬は厳しい寒さが続き、朝の最低気温や昼間の最高気温を含めても平年を上回る火が少なくて平年並みか下回る気温が続出。加えて朝に限ると夜中に近い時間帯よりも日差しが出てきた時間帯の気温の方が明らかに低いです。
1/15には静岡地方気象台で初雪を観測したと発表し、昨年より11日早く、平年より3日遅い観測。県内では他にも伊豆市の天城山でも雪が降り、県中・東部の山間部でも降雪があったとみられています。この日の最低気温は静岡市駿河区曲金で4.9℃、浜松市中区で4.4℃、御殿場市で-0.5℃。この日は上空に寒気が入り込んだ影響で最高気温が県内全域で上がらず、平年差が算出される17の観測点全てで平年の最も寒い時期を下回る冷え込みとなりました。最高気温が最も低かったのは御殿場市の2.0℃で平年を5.6℃も下回り、東伊豆町は5.4℃低い4.8℃、静岡市駿河区曲金では4.8℃低い6.6℃、浜松市中区も2.4℃低い7.7℃で朝の最低気温からほとんど上がらず、御殿場市では辛うじて0℃を上回ったものの、もしかしたら県内でも非常に珍しい「真冬日」になっていた可能性もある訳です。静岡市で初雪を観測したこの日は伊豆市等でも降雪があり、通行止めにはならなかったまでもチェーン規制を実施する道路も出ました。
この日の気象台の予報では「16日朝は晴れのところが多く、地表付近の熱が奪われて各地で15日より寒くなるものの、日中は10℃前後まで上がる見込み」としていましたが、まさに翌日はその通りの厳しい冷え込みとなった訳です。

続きを読む "長い冬、遠い春2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長い冬、遠い春1

数日前に朝のテレビ番組を見ていたらこの冬に日本だけでなく、世界各地で起きている「異常気象」について紹介されていました。日本を始めとする北半球ではエジプトで珍しい積雪があったり、アメリカで大寒波が襲ったり、気温も平年を何℃レベルではない、何十℃と呼ばれるレベルまで低い状態が続いています。一方の南半球ではオーストラリアで連日の猛暑が襲っていると代表例が出され、実際に今の時期に行われているテニスの世界的な大会では試合が一時的に中断されたり、別の地域になりますが東南アジアでは豪雨による被害も出ているとます。理由は北極海の氷が減少しているところへ本来は閉じ込められているはずの冷たい空気が一気に北半球へ流れ込み「三極化」ではなく「二極化」という非常に極端な気候分布になっているというのです。
番組の最後に今後の気候見通しについて日本は「長く厳しい冬が続き、春の訪れは遅い」と出ていましたが、その傾向はここでもはっきり表現されていました。

気象庁は「2月から4月はほぼ全国的に平年よりも寒気の影響を受けやすく、気温が平年並みか低くなる」との3ヵ月予報を発表。降雪量は北日本(北海道、東北)の日本海側で平年並みか多くなる見通しで、春の訪れが遅くなる所もありそうだというのです。こうなると桜の開花にも影響は出るだろうし、俗に言う「衣替え」のタイミングを計るのも苦労しそうな雰囲気です。
偏西風の影響で北日本と東日本(関東甲信、北陸、東海)を中心に冬型の気圧配置が強まる事が多く寒気の影響を受けやすく、北日本から西日本(近畿、中四国、九州)の太平洋側と沖縄・奄美では降水量が平年並みか少なくなる予想。特に3月の気温が平年より低くなると予想される場合、気象庁は「春の訪れが遅い」と表現していて、まさにその傾向は鮮明。上のテレビ番組でも紹介されていますが、今年の厳しい寒さは長期化確実、現段階で地元では降雪の話は出ていませんが、まだまだこれから雪に見舞われる可能性は否定できません。

続きを読む "長い冬、遠い春1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 1日 (水)

年始のご挨拶

最初に「お断り」。これを見ていただいている方の中には「喪中」の方が少なからずいると思います。あらかじめご了承下さい。

改めてあけましておめでとうございます。
昨年はいろいろお世話になりました。今年も引き続いてお付き合いいただくよう、よろしくお願い致します。

昨日の記事でも書いていた「しもやけ」と「冷え」の件。昨日の朝に今まで出されていた漢方薬を全て飲み終えて、昼から先週末の受診で出された漢方を含む飲み薬2種類を飲み始めました。新たに加わった錠剤は何の問題もなく飲んでいるんですが、問題は種類の変わった漢方。元々先に出されていたのも顆粒で飲み辛かったんですが、加えて先のに比べると味の比較をして申し訳ない気持ちを持ちつつ、やはり飲み難い。より冷え等に効果が出るような形で処方されている為、致し方ないと割り切ってはいるものの、2週間も飲み続けるのは困難であると同時に全てを飲み終えた後の安堵感は前の漢方以上に実感すると思います。ちなみに漢方であっても薬である事に変わりはない訳で、空腹時に入れるのは危険。通常は年末年始等の長期休暇を含めても外出等の用事がない限りは夕食を食べない私でも今は夕食を食べざるを得ない状況と化しています。
飲み薬が1日3回に対して追加で出された塗り薬は1日2回。以前にも病気で塗り薬を出された際に1日3回という指示があり、仕事が始まると、わざわざ昼休みに職場で塗らなければならない状況へ追い込まれた事もありました。今回の場合は朝と夜だけで、しかも軟膏タイプなので助かっています。

続きを読む "年始のご挨拶"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月27日 (火)

8/27 日々の雑記帳(夏の出来事=自身編)

最初に。以前の記事で「ムカデに襲われた」という話を書きましたが、その続編。相変わらず刺した「犯人」はいまだに捕まえられず、本当に今度でも出くわした時には必ず始末すると心に誓っていますが、最近になって刺された箇所に「異変」が。
刺された直後に強力タイプの虫さされ薬を塗って対処し、腫れが引いたかに思えた左手中指と右手人差し指。ところが最近になって先に腫れが引いていた右手が再び腫れ上がり始め、同時に刺されたと思われる箇所もはっきり分かるようになってきました。その後、少し経ってから腫れが引いていた左手も同様に再び腫れてきて刺された箇所がはっきり分かるようになっています。今のところは両手共に日常生活での支障はないので、様子見というところですが、どうもムカデというのもハチと同様に刺されると場合によってはショックを起こしてしまうケースもあるようで、意外に怖い存在のようです。ショックを起こさなかったのは過去にハチに刺された経験があったからだと思います。

先週末も県内各地で花火大会が行われ、そろそろ今週末で一連の大規模レベルは終わるかもしれません。花火大会が終わると「夏の終わり」を感じます。
今年は夏季休暇の初日に県内最大級、同時に国内屈指の規模を誇る「ふくろい遠州の花火」を見てきました。以前は3万発といわれ、それより打ち上げ数が減ったとはいえ、それでも2万5千発が間髪を要れずに打ち上がり、今年は徳川家康が花火を見物した年から400年を記念して特別にオープニングでは「手筒花火」を実施。
例年、県内はおろか規模を知っている全国から見物客が押し寄せる上、各旅行代理店がバスツアーも企画するという花火大会。加えて今年は最寄駅の1つである袋井駅が改修工事の為、いつもより使い難い状態と化していた為、行きも帰りも愛野駅利用。当然ながら帰りは見物客が一挙に押し寄せて長蛇の列ができ、実際に自身もホームへ辿り着き、電車へ乗るまでに1時間以上を要しました。
何故、行く事にしたかというと数年前から地元ラジオ番組がリスナーから寄付金を募り、県内の花火大会で花火を打ち上げる企画を実施していて、今年の実施が実はこの花火大会。昨年までは静岡市内の花火大会だった為、行きたくても行けませんでしたが、今年は地元から行ける距離になったのもあり、オリジナルグッズも買い、招待券抽選に応募して見事に当選!初めて生で見る事ができました。駅から会場へ向かっている時点でパーソナリティの声が聞こえてきたりして、一気にテンションが上がり、実際に桟敷席へ着いてみたら、既に多くの招待客が到着。花火が始まってみれば打ち上げ花火が何の障害物もなく見える絶好の場所で、おまけで打ち上がった後の花火の球の紙が落ちてくる事態。ラジオ番組の花火が始まる際はパーソナリティから「始まるぞ!」の一声で大歓声が上がり、リスナーからの投票で決まった曲に合わせて花火が打ち上がり、終わると再びの大歓声&大拍手!パーソナリティを始めとする番組スタッフの方々と多くのリスナーの協力が結実した数分間でした。

Sbsh4976_2

続きを読む "8/27 日々の雑記帳(夏の出来事=自身編)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月13日 (水)

病気と学校の話

実は昨日、親知らずを抜きました。過去に3本抜いているので、これで4本目ですが、これには少々理由があります。昨日行った病院は初めてだったんですが、それまでの病院は平日が17:00までで、とてもじゃないが平日に仕事を持っている身が行けるはずがない。土曜日もやっているけど思ったような時間帯で予約が取れなかったりで、ちょうど替わりに行けるところを探していました。ちなみに今週末から来週末の土曜日は予定が入っていて行けないので、次に行くのが3週間後でした。
大きく違っていたのは、いきなりレントゲンで始まって通常の虫歯等の検査だけでなく、歯周病の検査まで最初の段階で一気に行ってしまった事。そこで見つかったのが親知らずにできていた虫歯で、即断即決で抜く事になった訳です。最も近いところで抜いた3本目も同じ理由だったんですが、何しろ変な方向で生えていた為に一大格闘と化し、抜くまでに要した時間は最も長い30分。ツケは痛み止めが効かずに夜中に目が覚め、再度痛み止めを飲み直す事態に至ったくらいです。今回は素直に生えていたのか、10分も掛からないうちに終了。消毒等で傷が完全に治った時点で他の歯も治療する事になり、処方箋を出されて近くの薬局で痛み止め・化膿止め・消毒用のうがい薬を購入して帰宅。前の病院では今回の一件について全く話が出てこなかったので、様々な意味で今回の病院にしてよかったです。なお、前の病院には先週末に入れた予約をキャンセルし、もう行かないつもりです。

本格的な春が近づくにつれて終息に向かうのかと思いきや、まだまだ新聞では大きく取り上げられないまでも学校単位での学級等の閉鎖や他の施設での集団感染等の話が尽きないインフルエンザ。この病気、意外に重症化する事があり、実際に集団感染で亡くなった人も県内で出たくらいです。
そのインフルエンザの治療に関して、青魚に多く含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)に由来する物質が悪化した後の投与でも治療に効果を発揮する事をある大学のチームがマウスの実験で突き止めたそうです。よくニュース等で名前が出てくるタミフルを始めとする従来の抗インフルエンザ薬は発症後48時間を経過し、重症化した後では効果が薄いとされていて、新たな治療法の開発につながる可能性もあるそうです。DHAが体内で代謝されてできるプロテクチンD1といわれる物質と治療薬「ペラミビル」を同時に投与すると、重症化したマウスで生存率は何と100%。DHAを多く含んでいる食品は身近なところに多数存在しているので、今の段階から治療薬として応用されるまで意外に短期間で出てくるかもしれません。

続きを読む "病気と学校の話"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 7日 (木)

インフルエンザから花粉症(風疹もあり)

まだまだ流行が続き、学校関係を始めとして様々な施設での集団感染や閉鎖が相次いでいるインフルエンザですが、先月の中旬に入ると県が県内の定点医療機関から報告された患者数が平均31.68人で前週の37.92人から減少したと発表し、「今冬のピークを越えたとみられる」との見方を示しました。ただ、依然として大流行の警報レベルにある上、今後はA型に代わってB型の流行で再び患者が増える恐れもあるとみて、感染防止を呼び掛けています。ただ、勤務先では冬の時点で早々B型に感染し、散々な目に遭った人がいるのも事実で、同じくA型にかかった人を何人も見かけています。
県内の9保健所管内全てで定点機関の患者数が減少しているものの、県は今年と患者数の増え方が似ている2009年に注目していて、その年は2月上旬のA型のピーク後、2月下旬〜3月中旬にB型が流行した為に「A型の感染者がB型にも感染するケースがある」と注意を促していて、完全に安心はできない状況にあるのは確かです。

また、以前にも特に大人の患者数が増えている病気として記事に取り上げた事がある「風疹」。県が今年県内で確認された風疹患者の累計が8人になったと発表し、流行期に入ったとの見方を示したのは今月に入ってから。県内の全患者数の集計を始めた2008年以降では最多のペースとなっていて、大きな流行とされた昨年の18人を上回る恐れもあるとみて、予防接種を積極的に受けるよう呼び掛けています。
患者数は2/14時点では3人だったが、短期間で8人にまで増えた上、内訳は20代と30代が各2人で40代が4人。性別は男性6人、女性2人。以前の記事じも書きましたが、1979年4月1日以前に生まれた男性や1962年4月1日以前に生まれた女性は子供時代に予防ワクチンの定期接種を受けていない世代で現在20代、30代の人も接種率は低い為に県は「予防接種を受けたか分からない人も含め、自主的に受けた方がいい」と勧めています。ただ、自主的に受けなければならず、また当然ながら受ける際の診察代も自己負担となれば行きたくても行けないケースは多数。
また、今日まで「子ども予防接種週間」とし、まだ接種を受けていない子供の保護者に接種を促しています。以前の記事でも書いていますが「風疹」というのは意外に怖い病気で、妊婦等がかかると生まれてくる子どもに悪影響が出るケースもあるそうです。

続きを読む "インフルエンザから花粉症(風疹もあり)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月22日 (金)

花粉症&その他の病気

以前より新聞やネット内の記事で取り上げられるケースが減ってきているとはいえ、まだまだ流行に歯止めが掛からないインフルエンザ。勤務先でもつい最近まで感染して苦しい思いをしていた人がようやく出社してきたものの、声が完全に変わってしまって抜け切っていないのが明らか。結局は昨年から今年にかけての「冬」も「暖冬」予想が「厳冬」予想へ変わって案の定、厳冬になってしまいました。インフルエンザ同様、通常の風邪も長引く傾向にあるようです。

今の時期に取り上げられる病気といえばインフルエンザに加えて昨年から今年にかけて猛威を振るっているノロを含めたウイルス系の病気ですが、実はこれに隠れて全国的に大流行している病気が存在します。
昨年から継続しているといわれている風疹で、妊娠中の女性がかかると胎児に障害が残るリスクがあるといわれている病気ですが、実は子育て世代でもある30歳前後の夫たちに予防接種を受けていない人が多いのも事実。成人のワクチン接種は自費負担で、自主的に医療機関へ出向いてもらうしかない為に接種が浸透していないのが実状で、県は医師会等の関係機関に注意喚起し、保健所のHP等でも予防を呼び掛けています。県によると1994年以前は定期予防接種の対象が中学生女子に限られていた為に成人男性に未接種の場合が多く、特に1979~1987年生まれ(25~33歳)の男性は制度の移行期で接種率が低かったのも事実。昨年の全国の報告数は2353例と過去5年で突出して多く、県内の報告数も過去5年で最高の18例。今年に入って既に全国で339例(2/6日現在)の報告があり、県内でも1/28以降で静岡市保健所と富士保健所管内で3人の発症が確認。風疹という病気は意外に恐ろしいもので、妊娠初期の女性が感染すると胎児に白内障や難聴等が現れる「先天性風疹症候群」になる場合があり、県内の感染報告数はまだ少ないものの、症状が軽いと病院に行かずに回復している例もあり、潜在的な患者はもっと多い可能性があるそうです。保健所は「かかっている人が自覚なく職場等に出向き、うつしてしまう事は多い。小児科医に比べ風疹の診察経験の少ない内科医が見逃してしまうケースもある」と危惧。
今のところは注意が必要な世代に直接働きかける手だてがない為、関係者は「不安な人は、母子手帳で接種の有無を確認したり、病院で抗体検査を受けたりと、予防に努めてほしい」と訴えていますが、上でも書いているように成人のワクチン接種が自己負担の上に自主的に医療機関へ出向くしかなく、更に制度上での問題で予防接種が受けられなかった為に感染してしまったケースも多々あると思われます。事情があるとはいえ、制度上の不備を指摘されても仕方のないところです。

ちなみに新聞記事では「風疹」についての詳しい説明があり、「発熱、全身の発疹、頸部(けいぶ)のリンパ節の腫れが主な症状。潜伏期間は感染から2〜3週間で飛沫感染する。小学校就学前の子どもに定期予防接種が行われ、成人は自費で接種を受ける。一度感染するか、予防接種によって免疫ができれば感染しない。妊娠中の女性は予防接種を受けられない」そうです。

続きを読む "花粉症&その他の病気"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月14日 (木)

手放せないマスク

勤務先でも相変わらず多いマスク姿。ほとんどが「予防」ではあるんですが、これからの時期は下記に書く病気の患者も多い訳で、そういう関連も増えてきます。こうなると昔のようにマスク=風邪という形ではなってきている現実があります。

少々古い話になりますが、県が県内の定点医療機関から1/28~2/3の週に報告されたインフルエンザの平均患者数が37.92人で、大流行発生の警報レベル(30人以上)に達した前週の35.1人から更に増加したと発表。定点139機関から報告があった総患者数は前週から392人増の5271人で、県は集団風邪が発生した学校等の施設数と患者数が2/5に今冬最多を更新した事もあって「今がピークとはまだ言い切れず、流行の拡大が続く恐れもある」との見方を示しています。ちなみにこの発表が出された同じ日に県内の幼稚園、小中学校、高校計18施設でインフルエンザとみられる集団風邪が確認され、学年閉鎖や学級閉鎖が行われたと発表し、患者数は計212人だったそうです。

県が上の記事の状況を発表した翌日には同じ週に全国約5千の定点医療機関から報告されたインフルエンザの患者数が発表され、1機関当たり35.82人で前週の36.44人からわずかに減少したそうで、患者数が増えた県とは別の傾向が出ました。例年の傾向では患者数が減り始めると次のシーズンまで大幅な増加はみられず、全国的には流行のピークを越えた可能性があるといわれていますが、都道府県別では県内を含む30道府県で前週よりも報告数が増加していて、担当者は「多くの地域では依然として高水準なままで注意が必要だ」と指摘。この1週間で全国の医療機関を受診した患者数の推計は約208万人で、こちらも前週の約214万人からは減少しています。

地元新聞で地域別の記者が日替わりで書いている「コラム」があり、度々記事でも取り上げていますが、実はインフルエンザに関する記事が出ていました。「「何か熱っぽい」。何気ない一言もうかつに口にすると、周りがサッと引いてしまうので怖い。知事もかかったインフルエンザが身近にもはやっている為だ」と前置きした上で、本題は「県内出身で日本医史学会理事長の方が書いた「病が語る日本史」によると、インフルエンザは江戸時代も何度か流行し、その都度、人気の浄瑠璃や小唄、横綱に引っかけて「お駒風」「お七風」「谷風」と、愛称で呼んでいた。江戸の流行は世界のそれと前後していて「鎖国していたはずの日本が世界とつながっていた証し」」とした上で、最後の言葉は「当時からグローバルだったとは驚きだ」でした。

続きを読む "手放せないマスク"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 4日 (月)

インフルエンザ拡大中2

先月の中旬以降、全国レベルで感染が拡大してきた「インフルエンザ」。当初の「注意報」レベルが、あっという間に「警報」レベルにまで至ってしまいました。ここ最近は寒暖の差が非常に激しく、春が来たと思ったら冬へ逆戻り、また春へ行って再び冬へ戻るという状況が今後も続くという予報が出ています。最近は雨が降る予報が多いので、乾燥に関する注意報を聞く機会は少なくなっていますが、その代わりに大きな気温変動という強敵が待っています。

県内でも以前の記事で書いたように、既に年始の時点で高齢者の方が感染が原因と見られる症状で亡くなる事例は出ていましたが、例年通り俗に言う「冬休み明け」から幼稚園と小・中・高校での感染が急速に拡大し、集団風邪による閉鎖も全域で続出。
1/23には計41施設で確認し学級閉鎖等を行い、この日の患者数は計463人。24日は計27施設で学級閉鎖等を行い、この日の患者数は計290人。29日になると集団風邪は大幅に増加して計79施設で確認され、全校閉鎖や学年閉鎖等を行ったと発表。患者数は計1039人で今冬最多だった1/22発表の782人を上回りました。今冬最多の患者数が確認された翌日の30日も集団風邪の増加に歯止めは掛からず、計50施設で集団風邪を確認し、学年閉鎖や学級閉鎖を行ったと発表。この日の患者数も588人と前日に比べれば減っているものの、それでも高い数値は維持されたまま。そして31日も計27施設で集団風邪が確認され、学年閉鎖や学級閉鎖を行ったと発表し、この日の患者数は計377人。
幼稚園と小・中・高校や特別支援学校だけかと思われる事が多い集団風邪ですが、実は専門学校等でも発生し、学年閉鎖や学級閉鎖の措置が取られる場合があります。

続きを読む "インフルエンザ拡大中2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧