野球

2016年6月10日 (金)

地震とスポーツ

4月に熊本を中心に震度7が間隔を開けずに2度も襲うという、今までの前例にない地震が襲ってから、間もなく2ヵ月です。この地震で「前震」「本震」という新たな言葉が生まれ、いまだに多くの人は避難生活を余儀なくされています。また、地震を始めとする自然災害が起こる度に、改めて防災をどうしなければならないのかという現実を突き付けられます。

県内でも今年に入って東海地震が起こると言われ始めてから40年が経つのを機に地震や予知に関わる連載が新聞で掲載されています。阪神淡路大震災の時、そして東日本大震災、今回の熊本と大分で起きた地震を含めてテレビでも特番を放送しました。
九州の地震では熊本が被害も大きく、震源地に近いのもあって大々的に取り上げられていますが、規模に違いはあれど被害を受けたのは大分でも同じ。ただ、熊本に比べると取り上げられ方、特に全国版の新聞やニュースでの扱い方に大きな違いを感じてなりません。
また、今回の地震に関していえば4~5月だけでなく、夏、そして修学旅行が多くなる秋にかけて熊本や大分だけでなく、観光への影響が九州全域に広がっているのをネット版の記事を通じて知りました。

九州の地震の記事といえば3月の中旬、福岡を襲った大きな地震から今年で11年が経過するのを前に、福岡を中心として九州一帯をエリアにしている新聞社が地震に関する記事を何日かに分けて紹介しているのを見つけて、ここのブログでも紹介した事がありました。
東日本の震源域である東北は度々地震や津波による被害を受けているので、それなりに対策は講じていましたが、阪神淡路と同様に九州でも地震はめったに起きないといわれていた為、住民自身の意識が他の地域より低いと出ていました。

続きを読む "地震とスポーツ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月20日 (日)

<東日本大震災から5年>野球編2&ゴタゴタ再燃からドロ沼化

別記事で書いている輪番・計画停電を何故県内、草薙は受けずに済んだのか?
静岡県という地域は様々な面で東西の地域で境界線とされています。私の趣味でいうと競馬のテレビ中継、地デジ化をこの時は大いに恨みましたが、静岡と愛知が地上波でネットするテレビ局の境界線であり、静岡までがフジ系、愛知から関西テレビ系となります。地デジになる前、自宅のある地域は県内でも名古屋寄りだった為、静岡と愛知のテレビ局が見れる環境にありました。お陰でフジ系がつまらないと感じたら関西テレビ系を見る、そんな生活を送っていました。ところが地デジでは地元県しか見られないようになった為、愛知県のテレビはケーブルでしか見られなくなり、今は一部の局だけ本当に「特例措置」で見れるようになっています。果たして、この状況はいつまで許されるのか?もし期限が来たら、これが目的で継続していた利用者が一気に減るでしょう。

話が逸れましたが、実は電力会社の境界線も県と県ではなく、県内で境界線があり、それが静岡県内。何を境界線にしているかというと川。県内には主に天竜川・大井川・富士川という大きな河川が走り、それが県内地域の境界線になっています。よく商品の販売エリアでも「大井川以西(大井川より西)」とか「富士川以東(富士川より東)という表現をされます。ちなみに天竜川はこういう時に出てきませんが、昔はサッカーの世界で天竜川を挟んだ「決戦」と称される戦いがありました。電力会社の境界線…それは富士川で、つまり富士川以東は「東電」、富士川以西は「中電」なんです。ニュース等で停電関連が出てくると、必ず富士川以東で起きると東電、富士川以西で起きると中電の名前と共に支店名が出てきます。
震災による電力の影響は原発の停止にも及んだので、全県的に出たのは確かです。ただし、輪番・計画を含む長時間の停電が起きたのは東電の地域なので県内でも主に東部・伊豆地域。その影響は人や車の移動にも波及し、特に影響を受けやすい夕方から夜の時間帯で停電開始時刻が近付くと県内でも多くの人や車が影響を受けなくて済む富士川以西へ移動していました。お陰で富士川以西で富士川に近い地域の施設等は大混雑したそうです。

続きを読む "<東日本大震災から5年>野球編2&ゴタゴタ再燃からドロ沼化"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<東日本大震災から5年>野球編1&開幕を前に

早くも今週末に今季のプロ野球が開幕する。ファンとしてはゴタゴタモ起きず、平穏な状況下で開幕を迎えたかったところですが、昨年から一気に発覚した野球賭博が再び発覚し、加えて「声出し」等の行為に伴う現金授受が各球団、しかも全体の半数以上で発覚。加えて先日もニュースで大きく取り上げられた元選手の覚せい剤…過去にも球団合併問題等でシーズンに入ってもゴタゴタがつきまとうシーズンはありましたが、開幕前の段階でここまで続く、そしてそれが残されたままで開幕を迎えるシーズンも珍しいのではないかと思います。
開幕戦とあれば通常は地上波で中継されるのが当たり前でしたが、今やその傾向も完全に崩れました。今季の場合は特に中継を始める前、もしくは試合開始前にチーム関係者からの謝罪が行われる可能性もあります。
余談ですが、ラジオもいわゆる「ナイターイン」「ナイターオフ」と呼ばれる、プロ野球中継がある時とない時で編成が大きく変わります。今年の場合は来週の週明けから編成がプロ野球中継を入れた「ナイターイン」仕様になります。テレビ中継も地上波が減少していますが、それはラジオも同じ。特に近年は土日にデーゲームを行う場合が一挙に増えた為、地元局も土日に中継は夏でナイターが増えてきても入れてません。また、以前は「試合終了まで生中継」と称して試合時間が長くなれば、その時間帯に放送している番組は軒並み休止し、長い時は日をまたぐかまたがないかという場合もありました。しかし、今は地元開催だろうが、いくら緊迫した展開だろうが、中継終了時刻をきちんと定め、終了時刻が近くなると「終了させていただきます」というアナウンスが出る状態。すっかり昔から様変わりしてしまいました。

3/11に発生から5年が経過した「東日本大震災」は1995年に発生した「阪神・淡路大震災」共々日常生活だけでなく、様々な世界にも大きな影響を及ぼし、それは県内の特に野球界の傾向を一気に変えるきっかけになりました。
復興に向けて動いている東北を本拠地にしている楽天が何とつい最近まで開幕へ向けた最終調整の為に県内の草薙球場を使用し、期間中はオープン戦3試合も実施。その為、普段はキャンプや公式戦以外ではほぼ楽天について扱わない県内の地元新聞も積極的にオープン戦を中心に記事で取り上げ、大震災が発生した3/11には球場内に半旗が掲げられて監督・選手を含めて草薙にいた関係者が全員、発生時刻に合わせて黙とうを捧げている様子も新聞内で写真入りで掲載。
また、これを契機に県は挨拶に訪れた球団関係者へ向けて公式戦開催を含むPR活動を行ったのは言うまでもありません。

続きを読む "<東日本大震災から5年>野球編1&開幕を前に"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月31日 (木)

チームを支えているもの1

先週のJ1に続き、昨夜は平日にJ2のリーグ戦が行われました。先週までが相当な猛暑だったのを考えれば昨夜は少々涼しさを覚える時間帯もありましたが、それでも30℃近くまでしか気温は下がらず、暑い事に変化はなし。また、平日の夜にもかかわらず、ジュビロのホームであるヤマハスタジアムには7,000人以上のサポーターが集結し、更には遠路はるばる讃岐のサポーターも来ていました。
自身もリーグ戦の開幕戦だった讃岐戦は日程が合えば丸亀まで出向こうと思いましたが、何分にも遠方の上に寝台等を使わなければならない事態が発覚し、断念しました。その開幕戦は地元の新聞社も当然のように取材へ出掛け、その様子はニュース等でも紹介されましたが、ジュビロのグッズコーナーに観客が殺到して飛ぶように売れ、一部のグッズは早々に完売。讃岐サポーターを含めて四国から来た多くのファンが続々グッズを持っている様子が紹介されていました。J2降格が決まった直後、同じくJ2降格を味わったG大阪の例として挙げられていたのはアウェーに行くとグッズが飛ぶように売れた、またアウェーの観客動員数が異様に伸びた事でしたが、それを実際に今季のジュビロが体験していて、現実として開幕の讃岐戦は1万人を超え、松本と岐阜ではそれまでの最多動員記録を塗り替えています。そうなると、やはり課題はJ1だった頃から挙げられていたホームでの伸び悩みという事になりそうです。

昨年くらいからジュビロも頻繁に行っている「パブリックビューイング」。当初はスタジアムや磐田駅近くの施設で主に行われてきましたが、最近はより人が多く集まる浜松駅近くや、ジュビロのオフィシャルショップが入っている浜松市内の施設でも開催されるようになりました。
ちなみに昨夜、讃岐の地元である香川県では高松市の商店街でジュビロ戦のパブリックビューイングを開催したそうです。さすがにジュビロでも平日の夜にパブリックビューイングを開催した例はありません。

続きを読む "チームを支えているもの1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月25日 (月)

プロ野球観戦と実感した「震災」の爪あと

ちょうど1週間前、2年ぶりにプロ野球を生観戦しようとQVCマリンフィールドへ出向きました。昨年は大震災があり、スタジアム周辺を含む広範囲で大規模な液状化の被害が出た為、行くのを回避していました。2年ぶりに行ってみて、見た目は震災前と変わらないように見えましたが、地元に在住している友人に話を聞いたりしていると、所々にやはり被害の爪あとがクッキリと残っているのを目の当たりにしました。まだまだ震災から完全には立ち直っていない訳です。

試合の方は先発を聞いた時と序盤の展開からして早いペースで終わるだろうと予測していましたが、徐々に雲行きが怪しくなり、終わってみればロッテ16安打、阪神17安打の乱打戦に発展して結果は引き分け。序盤はロッテが常に先手を奪っていたんですが、終盤に差し掛かるにつれて交代で出てきた中継ぎ陣が次々打たれ、9回に入る際は5vs6。9回も2死で2塁に走者がいる状態、ここで里崎氏が2塁打を打って追い付き、何とか引き分けに持ち込んだ訳です。劣勢だった阪神は2点を追う8回に6連打で一度は逆転したが、9回から救援の藤川氏が1点リードを守れずに引き分け。その藤川氏が実は右膝を痛めていて、病院で診察を受けると右大腿骨の骨挫傷だった事が発覚し、現在は出場選手登録を抹消されていたりします。
この試合、13:00開始で引き分けに終わったんですが、試合が終わった時間は何と17:00過ぎ。つまり9回を終わるまでに4時間以上を要していました。上で書いているような乱打戦に発展すれば、こういう試合時間になるのも当然には当然です。

実は数年前にも同じ阪神戦を観戦に行ったんですが、その際は前売りの時点でチケットが完売するという事態が発生し、試合が終わって駅に向かう帰り道も物すごい人が歩いて動くに動けず、注意しないとはぐれるのではないかと思わせるような人が来ていました。今年の場合は前売りで完売とはいかなかったまでも、友人に言わせると「今年に入って数試合しかない」という「満員御礼」。帰りは案の定、数年前と似たり寄ったりな光景を味わいながら帰宅した訳です。

続きを読む "プロ野球観戦と実感した「震災」の爪あと"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月13日 (日)

「日本シリーズ」と中継

既に来季へ向けての動きが続々と出てきて、あるチームでは球団内のゴタゴタがここに来て噴出しているようですが、プロ野球はシーズンが大詰め。昨日から「日本シリーズ」が始まりました。今年から企業の冠名がついた形です。

第1戦は昨日にヤフードームで行われ、中日が延長戦の末に2vs1でソフトバンクに競り勝ち、4年ぶり3度目の日本一へ好発進。過去を見ても序盤に勝利を収めた方が優位に立てるというのもあり、今日の結果次第では第3戦以降に影響してくる可能性があります。
第1戦は1994年の第6戦以来というデーゲームで行われ、ソフトバンクが先制し、中日は無安打で抑えられてきましたが0vs1の7回に和田氏の本塁打で追い付くと、第1戦では1996年以来の延長戦に突入。決着が着いたのは10回で中日が小池氏のソロ本塁打で勝ち越し、見事な逆転勝利。中日の得点はホームラン2本だけで、それを勝利に結びつけた訳です。
両チームの先発も共に8回1失点の力投で好勝負になり、ソフトバンクは4回に先制したものの、得点はそれだけに終わり、最後は抑えが抑えられるか抑えられないかの差が出た形です。

両チームが日本シリーズで対戦するのは1999年以来。昨年は「下克上」と表現されるくらいに下位のチームがクライマックスシリーズで上位チームを破って日本シリーズで対戦しましたが、今年はリーグ優勝チーム同士の顔合わせ、パ・リーグのソフトバンクはダイエー時代以来8年ぶり、セ・リーグで2年連続出場の中日は4年ぶりの日本一を目指します。ちなみに今季の交流戦はソフトバンクの3勝1敗でした。

続きを読む "「日本シリーズ」と中継"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 1日 (土)

高校野球の話

最初は社会人野球と高校野球の話を1つに集約して記事にしようと思いましたが、意外にも書いているうちに社会人野球の話が長くなってしまい、高校野球の話を別記事で書く事になりました。

夏の甲子園が終わると即座に新チームが構成されて来春の選抜に向けた戦いが始まります。県内でも東海大会へ進むチームを決める秋季県大会が行われていて、今日に決勝と3位決定戦が行われます。愛知・岐阜・三重と4県の高校が出場する東海大会への出場枠は「3」なので、決勝へ進んだ2チームは文句なく出場決定ですが、重要なのは3位に入れるかどうかの「3位決定戦」。また決勝に進んだ2チームも勝てば1位で2回戦からの登場になり、2位は1回戦から登場というのでも大きな差が生じます。そういう点でも2試合共に「負けられない試合」になる訳です。
なお、今日の2試合はAMのNHKが両試合共に生中継しますが、他のところでは一切中継しないのが夏の大会との大きな違いだったりします。

なお、先月中旬には来春の選抜高校野球大会の運営委員会が開かれ、32校が出場して来年3/21から12日間、甲子園球場で開催する事が決まりました。出場校を決める選考委員会は1/27に行われ、組み合わせ抽選会は開幕1週間前の3/15に行われます。来年の初めには入場行進で使われる曲も決まっているでしょう。
出場校のうち、特別枠は21世紀枠が東、西日本から1校ずつと地域を限定せずに1校で計3校と秋に行われる神宮大会枠1校。それ以外の一般選考28校は地区別に北海道1、東北2、関東・東京6、北信越2、東海2、近畿6、中国・四国5、九州4とほぼ例年通り。東海の枠は昔だと3まで拡大されていた時期もありましたが、今は2という事で東海大会で決勝に残らなければならないという事になります。今年の東海大会の会場は岐阜県で「都市対抗野球」の本大会と同じ10/22に開幕します。

続きを読む "高校野球の話"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

社会人野球の話

プロ野球に関する記事は書いていたんですが、高校と社会人に関する記事がなかなか書けずにここまでずれ込んでしまいました。なお、以前の記事でも書いていましたが、クライマックスシリーズや日本シリーズの中継はどうなるか現時点で未定ながら、取り敢えず昨日で地元の放送局がプロ野球のリーグ戦を中継するのは終わりました。ちょうど平日の夜に放送している番組が最終週にあたり、早い時間で終了してくれるのを期待したら長引いて長引いて試合終了時刻の時点で21:40前後。そこからヒーローインタビューだの監督のコメントだのが入り、うっかりして最終日のタイマー録音を失敗していましたが多分、最終日の放送時間は10分(正確には9分)だったと思います。

社会人野球も震災の影響をまともに受ける形になり、例年は夏の「都市対抗」と秋の「日本選手権」が全国レベルの大きな大会になるんですが、秋に「都市対抗」を行って「日本選手権」を取り止め。計画停電等も考慮されて会場も日本選手権の会場である京セラドーム大阪へ変更され、10月に開催される事になりました。いつもなら日本選手権の出場を懸けた予選を行っている今の時期ですが、今年に限ると先月まで従来は夏に行っている「都市対抗野球」の予選が行われていた訳です。都市対抗といえば昔は静岡県だけで出場枠が与えられていましたが、チーム数の減少等もあって数年前から東海地区に入って予選を行います。もちろんクラブチームも参加できますが、会社のチームとの大きな違いは1次予選を通過しないと2次予選に参加できない訳です。
東海地区の2次予選は参加チームをいくつかのグループに分けてリーグ戦を行い、その順位によって代表を決める為のトーナメントを行って代表を決めていきます。勝てば決まりですが、負けると他の代表を決めるトーナメントへ回る事になり、地元のチームはリーグ戦を2位で通過したにもかかわらず、代表決定トーナメントで非常に苦労し、ようやく決まったのが「第4代表」でした。本大会は10/22に開幕し、例年と同様に各地区の予選を勝ち抜いた31チームと昨年優勝したチームが「推薦」という形で出場する32チームによる一発勝負のトーナメント戦です。

続きを読む "社会人野球の話"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月29日 (木)

プロ野球とラジオ

実際に開幕するまですったもんだあり、結局は4月の上旬に開幕が決定するまで大荒れだったプロ野球もシーズンが始まってみると順調に試合を消化し、いよいよ大詰めになってきました。
ここに来てセは首位のヤクルトと2位以下のゲーム差は徐々に詰まってきているものの、落ちそうで落ちないのが今年のヤクルトで首位は変わらず。2位以下もクライマックスシリーズの出場圏内にあたる3位までを巡る争いも徐々に対象チームが絞られてきました。パは激しく首位争いをしていたソフトバンクが終盤に入ると共に抜け出し、先週末までにリーグ3位以内が確定し、リーグ一番乗りでクライマックスシリーズ進出が決定。ソフトバンクのCS進出は3年連続4度目で、2004~2006年にパだけで実施していたプレーオフを含めると通算7度目。なお、17日に点灯させたリーグ戦優勝へのマジックも順調に減り続けていて、昨日までの時点で「3」。いよいよ優勝が秒読み段階へ入ってきました。こうなるとパで残されているのはクライマックスシリーズ進出へ向けた2位以下の争いですが、現状を考えると日本ハム・オリックス・西武までに絞られてきているでしょうか。

地上波のテレビも徐々に野球中継の試合数が減少し、主にCSへ移行している現状。野球の試合も以前はナイター主体だったのが週末に限るとデーゲームが多くなり、ラジオの中継も地元の局では元々実施していなかった月曜に加え、最近は日曜の中継をなくし、更に土曜の中継までなくなるようになってきました。
通常なら10月に入ると、リーグ戦で残されているのは数試合で、あとはクライマックスシリーズと日本シリーズのみになるんですが、上でも書いているように今年は開幕が当初の3月下旬から4月上旬にずれ込んだのに伴い、リーグ戦の残り試合は現時点でも非常に多いです。ただ、ラジオは10/3から「ナイターオフ」と呼ばれる期間に入って編成が変わり、つまりプロ野球の中継は基本的に「なし」の期間に入ります。もちろん大都市圏や地元の本拠地を置くチームがある地域の放送局は編成が変わっても野球の試合があれば中継すると思いますが、地方で本拠地のチームがない地元は基本的に野球中継は今週で終了です。
とにかく今年は4月から平日の夜に聴きたい番組が復活し、ナイターが終わった後から放送が開始するので、終了時間にやきもきしてきました。特に試合が終わっても以後の話が長い時はイライラがつのったものです。その生活も今週で終わり、聴きたい番組は週末の夜へお引越し、今度の敵になるのはクライマックスシリーズと日本シリーズ。更に平日の夜も深夜の時間帯から引っ越してくる番組があったり、新番組が始まったりするんですが、週末に比べるとクライマックスシリーズと日本シリーズの影響は大きいかもしれません。

続きを読む "プロ野球とラジオ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 7日 (日)

高校野球開幕&県内代表校初戦

現在、高校野球では女子部員の試合出場は認められていません。中学までは男子に混じって野球部で頑張っていても高校に入ると他の部活へ転向したり、出場できないのを覚悟で野球部に入って男子と混じってプレーしたり、最近は女子の野球リーグができているように女子の野球部を作る高校も出てきています。

台湾等への遠征を重ねて21年目を迎えた市内の中学選抜野球チームに初めての女子選手が選ばれました。投手で3年生、チームでは2年から主戦を務めているサウスポーは「選ばれてとてもうれしい。ピッチングでチームに貢献したい」と19日から開かれる国際親善試合でのマウンドに心躍らせてる様子が写真入りの記事で紹介されていました。
野球を始めたのは小学4年生の時で野球好きの家族が買ってくれたグラブでキャッチボールをしたのがきっかけ。男子に交じって地元の野球少年団で頭角を表すと、中学でも男子部員と同じ練習をこなし、上でも書いているように2年から主戦を任されているそうです。高校でも少ない野球部の女子部員ですが、それは中学校でも同じで学校の野球部で女子部員は1人だけで、中学入学時に「野球をやめてバレー部に入ろうと思った事もあった」そうですが、小6で市選抜チーム入りした事が自信となって「レベルの高いところで野球をやりたい」と思いを貫いてきた結果が今回の市選抜チームに選ばれたきっかけとなったんでしょう。
速球の球速こそ100km前後ですが、カーブの制球力が持ち味で選抜チームを率いる監督も「男子の中でもひけをとらず、よく声を出す選手。貴重な戦力として考えている」と評価し、捕手であり主将を務める選手も「よく話し合ってコントロールの良さを生かしたい」と左腕の持ち味を引き出そうとしています。
高校は女子硬式野球部のある県外の強豪校への進学を希望していて「高校でもプレーヤーとして勝負したい」と日々の練習に汗を流し、「台湾の選手は皆体が大きいと聞いている。私の変化球で打ち取れれば自信になる」と話し、男子と一緒に白球を追う“最後の夏”に渾身(こんしん)の一球で勝負するそうです。

続きを読む "高校野球開幕&県内代表校初戦"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧