経済・政治・国際

2016年9月25日 (日)

新野球場は「空想」か「本物」か

【はじめに】
久々のブログ更新になりました。すみません。


以前にも何度か記事で出した静岡県が浜松市内に「新野球場」を建設しようとしている問題。当初から県や市はもちろん両方の議会、果ては企業まで巻き込んだ一大問題と化し、結果として県と市、両方の議会で予算案が「否決」される事態に発展。
そして、この計画に対して「寄付する」と言っていた某企業のトップも最近になってデータ不正問題委や申告漏れ等、社内でも問題が続々明るみになり、すっかり口を出さなくなりました。そこまでこだわって散々口を出すなら「私営」にでもして、自分の想像通りにすればいいと思ったくらいです。

そこからどうなったのか…8月末、地元新聞に下記に出す「意見広告」が1面の下半分にデカデカ出てきました。全国的にも名を知られたスポーツ関係者が作った「新球場と浜松百年の計を考える市民有志の会」という団体です。
ただ、その団体が打ち出したのはあまりにも空想が大きすぎ、今の浜松市の身の丈とはあまりにもかけ離れたものでした。これを支えるだけの力が今の浜松市にあるのか、そしてもし作っても、後々に大きな負担を残すだけではないかという感じがしました。

上に出している団体が今月の中旬にシンポジウムを行うと同じ広告欄に出してきましたが、そこに口を出したのが県知事。これまでも県はもちろん、市町が関わる様々な問題に口を出し、最近では静岡市町との折り合いの悪さを事あるごとに露呈してきましたが、これに関しても数日後に行われた「定例会見」の場で出てきました。

いずれにしても「新野球場」が単なる「空想」で終わるのか、それとも「本物」の形で現れるのか。それは何年後かに明らかになるでしょう。


先に9/8の新聞に出ていた県知事定例記者会見の内容から記しておきます・


・浜松球場シンポに「懸念」 自らの政治介入は否定
川勝知事は、静岡文化芸術大(浜松市中区)の講堂で19日に浜松新野球場建設地の見直しを求める団体が開く「地域スポーツ文化シンポジウム」について、「(推進、反対双方の)共同主催なら別だが、一方の主張を持つ人たちが主催者ということに政治色を感じる」と強い懸念を示した。
知事は同じメンバーによるシンポジウムが6月にも同大で開かれたと指摘。自身が同大学長だった7年前、辞表を提出して知事選に出馬したいきさつを詳述しながら「政治的な動きを大学に持ち込むのはいかがか。大学の教員が一つの主張を持ち(その権限で大学の施設を)活用するのは越権行為」と、メンバーの一人である溝口紀子同大教授を指して批判した。一方で記者側から「発言は大学への政治介入にならないか」との声が上がると「集会、表現の自由にとやかく言っているわけではない」と否定し「口を出したのはシンポジウムの招待状が県に来たから。大変懸念しているだけ」と念押しした。

・「早期事業化を」 浜松市長が要望
浜松市の鈴木康友市長が7日、県庁に川勝平太知事を訪ね、県の2017年度予算編成に当たり、新野球場の設置を主体とする遠州灘海浜公園篠原地区(同市西区)の整備の早期事業化などを要望した。県は5月、野球場整備を盛り込んだ基本構想を策定。浜松市議会は特別委員会を設け、県の構想を巡って協議を続けている。鈴木市長は「われわれの方が準備が遅れ、ご迷惑を掛けている。特別委の結論が出れば、予算措置をして(事業化に向けた)準備を進めていく」と述べた。川勝知事は「市民の意思をまとめていただきたい。こちらはいつでも対応できるようになっている」と応じた。

続きを読む "新野球場は「空想」か「本物」か"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 6日 (月)

ラジオフォーラム しずおかマイトーク1(社長の言葉)

最近になってレギュラー以外でジュビロ関係のテレビやラジオが放送されるのをクラブが公式HPを通して「メディア情報」以外で出してくれるようになったら、中にはそれもない状況で新聞等で情報がなければ全く知らないままで終わってしまうのも多数。その中で毎週日曜の夕方に放送されている、いわゆる経済関係のラジオ番組にジュビロ関係者、何と社長が出演していたので、その内容を紹介。ただ、この番組は生放送ではない、いわゆる収録放送だった上、たまたま放送時間帯に緊急の地震速報が入ってしまった為、放送の序盤が上手く聞き取れませんでした。当然ながら地震速報の方が大事なので、こうなるのも納得です。
この番組のパーソナリティである澤木久雄氏は昔、スポーツ中継を数多く担当し、もちろんジュビロの試合も数多く実況を担当したJリーグ、サッカーに精通した人物でもあります。


経済界やまちづくり等、静岡県内の様々な分野でご活躍の方々にお話を伺う「ラジオフォーラム しずおかマイトーク」。こんにちは、澤木久雄です。では早速、本日のスタジオのゲストご紹介します。株式会社ジュビロ代表取締役社長でいらっしゃいます木村稔さんです。この時間、木村さんには今年J1復帰を目指すジュビロの社長に就任されたという事でどんなチームにしたいのか、どんなクラブ経営をされたいのか、いろいろと伺っていこうと思います。早速ですがこの4月に社長就任されました。で、それまではどんなお仕事をされてたんですか?

木村=ヤマハ発動機の国内の販売会社でございますけれどヤマハ発動機販売というのがあるんですけどね。そこで仕事をずっとさせていただきました。

澤木=あーそうですか。じゃあずっと外からチームを見てこられていかがですか?そのチームの現場の真ん中に入ってこられて現況は、外から見たチームとはだいぶ違ってましたか?

続きを読む "ラジオフォーラム しずおかマイトーク1(社長の言葉)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月25日 (月)

「世界」を見据えて4

今年に入って「無観客試合」が行われる等、改めて大きな問題として取り上げられるようになった「差別問題」。国内では3月の「無観客試合」以降は一部で問題は起きているものの、大きく取り上げられる事はありませんでしたが、国際的な試合でも取り上げられた問題が国内でも出てきてしまいました。改めて問題についてチーム関係者やサポーターの姿勢が問われていると感じます。

問題が起きたのは8/23に行われたJ1の横浜M-川崎、いわゆる「神奈川ダービー」で両チームのサポーターやチーム関係者がいつも以上に盛り上がる試合です。そこで10代後半の横浜Mのサポーターが観客席から選手に向けてバナナを振りかざす人種差別的な行為をしたとして「無期限入場禁止」とする処分を科した事が判明。この行為は欧州のリーグでも黒人選手に対してサルの好物であるバナナを投げ入れる「差別的な行為」として再三発生し、その都度で取り上げられていますが、それが国内、しかもJ1で起きてしまった訳です。この試合には川崎で黒人のブラジル人選手が複数出場していて、横浜Mの社長は「許し難い。差別が疑われるような行為は断固として許さない」として即座にチームとして謝罪。
事実が発覚した翌日、横浜Mは行為を行って「無期限入場禁止」処分を科されたサポーターに対して選手を含む川崎関係者へ宛てた謝罪文を提出させ、スタッフを通じて川崎側に届けたと明らかにしました。 欧州のリーグで度々出ていた行為がJリーグで明るみに出たのは今回が初めてで、川崎側に対して改めて謝罪した上で「恥ずべき行為であり、抑止の面で力不足だった事に自責の念がある」と語っています。

続きを読む "「世界」を見据えて4"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「世界」を見据えて3

W杯が終わって日本全体がサッカー一色だった時期も終わりました。平日の朝に試合があった日は地元の駅前でも大型画面を使って「パブリック・ビューイング」が行われ、通勤や通学途中の人が多く陣取って声援を送り、出勤や学校に間に合わない時間帯になると後ろ髪を引かれる中で会社や学校に向かう人へインタビューしている光景をニュースで見ました。
Jリーグは都内で理事会を開き、日本代表が1次リーグで敗退したW杯ブラジル大会後に開催されたJ1の平均観客数(6試合)がW杯前と比べて3.3%減の1万6825人となった事が報告され、過去2大会と比べれば減少率は低くなり、チェアマンは「W杯後の大きな落ち込みはなかった」と結論づけています。W杯開催年はJリーグのメディアへの露出が増え、W杯前に観客数が増加する一方で大会後は下落する傾向があり、W杯後6試合のJ1平均観客数の比較では日本代表が1次リーグ敗退した今回と同じ環境になった2006年はドイツ大会前の1万8840人から7.5%減の1万7423人だったのを考えると、今年はまだマシな方かもしれません。
ただ、今季の開幕を前に開催された「キックオフカンファレンス」の場でチェアマンは「観客動員数の低下」に危機感を募らせていると明らかにしました。大事なのは注目される機会が増えるW杯の会再燃よりも大きな大会の開催がない年に注目されるかどうかだと思います。「観客動員数の低下」はJリーグ全体だけではなく、県内のJチームにも当てはまっている大きな課題です。

先々週に県内で行われた「SBSカップ国際ユースサッカー」。別記事でも書いてきたように、これまでも国内、海外を含めて多くのフル代表選手を輩出してきた大会で、今年はU-18で構成される静岡ユース、U-19の日本・韓国・コロンビア代表の4チームが1回戦総当りで3日間にわたって戦いました。結果はともかく、今後に向けて各チームがそれぞれに収穫と課題を見つけたようです。ちなみに最終日の優勝決定戦は地元テレビが生中継。以前の記念大会には生中継の際に通常の解説とは別で日本サッカー界の「大御所」と呼ばれる人物がゲスト解説として登場して驚かされました。Jリーグ以外の試合、またインターハイや選手権等の主要な大会を除いて堂々生中継をするのは静岡だけかもしれません。

続きを読む "「世界」を見据えて3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月20日 (水)

「世界」を見据えて2

地元新聞の地域版コラムに今回の国際ユースサッカーに関連したもので「世界に通じるタフな戦いを」という題と共に記者が書いた記事が掲載されていました。最初にW杯を振り返って「勝利とは、限界を超えてもなお走り続ける先に巡ってくるものだろう。試合終了と同時にピッチに倒れ込む各国の選手を見て、改めてそう感じた」とした上で「大会前に取材した日本サッカー協会の原博実専務理事が将来の日本代表候補たちに求めたのは、「たくましさ」。世界のトップ選手がW杯で見せた姿だ。真夏の炎天下が舞台。プレー環境は過酷だが、成長の場としては申し分ない。県勢3人を含むU-19日本代表はもちろん、静岡ユースにも有望な選手が揃う。世界と渡り合えるタフな戦いを見せてほしい」と期待を寄せていました。

先週まで行われていた「SBSカップ国際ユースサッカー」。別記事でも書いているように日本国内で開催されているユース世代を対象にした国際レベルの大会では最も古いのではと思われる歴史を持ち、以前の海外クラブ対象から日本を含めた各国の代表クラスが参加する大会に変更されてからU-19で構成される各国代表は場合によってはU-20W杯出場を当面の目標に掲げる重要な大会と化し、同時にここから各国のフル代表や海外で活躍する選手も多く登場しています。
事前に参戦する4チームについてのメンバーを含めた紹介記事が掲載されていました。一応は格下にあたるU-18で構成される静岡ユースは2年前の岐阜国体4位のメンバーを中心に構成し、3月の「ヤングサッカーフェスティバル」では日本高校選抜に2vs2と互角以上の戦いを演じ、静岡の誇りを胸に格上の各国U-19代表に挑みました。コンパクトな陣形で中盤を支配し、サイドアタックで得点機を見いだし、素早い攻守の切り替えと運動量を試合終盤まで維持できるかがポイント。清水と磐田のユースを中心に県内の強豪校から選手が集結し、事前に選考会を経た上で決まった選手たちは各年代別代表に名を連ねてきた選手が多く、経験値では引けを取りません。岐阜国体から見続けるスタッフ陣は「静岡型育成の集大成」と位置付けていました。

10月にミャンマーで開催されるU-19アジア選手権を当面の目標に掲げ、日本の4大会ぶりのU-20W杯出場権獲得はなるか。そのU-19日本代表を率いるのは何と磐田を率いた鈴木政一監督と内山篤コーチ、鈴木政氏は大学の監督に就任した話までは知っていましたが、まさか代表監督に就任するとは思いませんでした。現役時代も知っているであろう「二人三脚」によるチームづくりは最終局面を迎え、注目はアジア選手権予選ラウンドで同じ組に入った韓国との前哨戦。ホームで確実にたたき、2ヵ月後の決戦に向けて弾みをつけたいところでしたが、その結果は別記事で。
開催時期にもJリーグのリーグ戦はあり、主軸は所属しているJリーグチームとの兼ね合いで招集を見送られたが、タレントは豊富。5人が昨年の大会にU-18日本代表として出場し、前回3得点1アシストでMVPを獲得した選手を含む県勢3人。「全員攻撃全員守備」のスタイルを掲げるチームは攻守の連動性が鍵。3戦を通じて意識の共有を図るとしていました。

続きを読む "「世界」を見据えて2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月15日 (金)

「激震」が走った4(番外編)

以前にも記事として書いていますが、改めて地元テレビ局のワイド番組が「特集」で取り上げていました。清水に関する問題として外せない問題はスポーツ全般だけでなく、自治体にも関わる問題だったので「番外編」として書きます。

テーマは「東静岡再開発問題」という事で前文は「県内最大級の再開発エリアでありながら東静岡の北側には広大な市有地がいまだに更地になったまま。今、有力な案として浮上しているのが大型のスポーツ施設だが、どんな施設を作るのかを巡り激しい思惑の衝突が起きている」というものです。

最初に出てきたのは記者が実際に歩いてみて東静岡周辺が現在、どのような状況なのかを紹介。「真新しいエレベーター、実は東静岡駅の南北を結ぶ新しい橋、東静岡大橋の横につけられている。そして近くには最近できたばかりの大型商業施設、更に新しい高層マンションがいくつか建てられている。その下に空いている土地では今温泉の掘削作業まで行われている。こうしてみると今、東静岡駅の周辺はかなりのお金が投資されているのが分かる」とした上で「東静岡駅周辺には昨年4月に大型商業施設がオープン、マンション建設や南北を結ぶ橋等、再開発が急ピッチで進んでいる」。実際に問題の土地まで行ってみると「その中で市が持っている土地が駅からすぐの一等地、駅の階段からすぐのところに問題の土地がある。本当に何もない更地になっているが近くに案内板があり、「この広場は東静岡駅周辺のにぎわいを創出する」と書かれているが、ちょっとこの状態を見るととてもにぎわいができるような使い方には見えない」というのが記者の感想。確かに土地を見ると単なる広場でしかなく、設置されているといえば数ヵ所のベンチ程度しか見えず、イベント等を行えるような雰囲気には程遠い感じがします。

続きを読む "「激震」が走った4(番外編)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 3日 (月)

2020年東京五輪とは

先に今週末、開幕する「ソチ五輪」について書いてから本題へ入ります。地域版の新聞で取り上げられている記事なので、地域が抱えている事は全国版の新聞では分からない事が記事を見ると実感します。

地元新聞の1面で出ているコラムにも出ている内容ではありますが、静岡という土地は近くに山梨・長野・岐阜と雪の多い地域に囲まれてはいるものの、いざ県内となると一部地域を除けば「雪」や「氷」とはほぼ無縁な地域であり、スキー場も基本的には人工雪だし、スケートリンクも屋内が通常。故に冬季の五輪とはなかなか結びつかないというのがあります。
そんな中、県内の家電やスポーツ用品、レジャー等、各業界の冬季五輪商戦が熱を帯びてきていて、4月に確定している消費増税前の駆け込み需要や6月のサッカー「W杯」も見据えているのもあり、4年に1度の特需の取り込みに全力を注いでいるそうです。県内にしてみたら冬季の五輪よりも6月に行われるサッカーの「W杯」の方が実感は強いかもしれません。
静岡市の家電量販店にはカウントダウンボードが設置され、最新の「4Kテレビ」等の大画面テレビを多く揃え、「60インチ等の大型テレビや2〜3番組を同時録画できるレコーダーが売れている。4Kへの関心も高い」と続く大型スポーツイベントでの売り上げ増に期待を寄せています。スポーツ用品店では板やウエア等のスキー関連商品が好調で「退職した団塊の世代がスキーを再開するなど、『数年ぶりに買いに来た』という客が多い」と話しています。ただ、スポーツ用品に限ると日本オリンピック委員会はスポンサー企業以外の五輪マーク等の商用使用を規制している為、業界からは「非常に売り難い」との声も漏れ、決して手放しで喜べる状況ではないようです。市内にあるスポーツセンターには県内唯一の屋内アイススケートリンクがあり、冬季五輪が近づくと利用者が増えるのが常ですが、やはり今回もそうだったみたいで年末年始のスケート場の来場者が前年比約1割増。施設職員は「日本人選手が活躍すれば、より多くのスケート未経験者が足を運んでくれるはず」と日本フィギュア勢のメダル獲得を願っています。大手旅行代理店によると、ソチへの競技観戦ツアーはフィギュアスケートや開閉会式を含む人気プランはほぼ完売で「残席があるツアーは、ビザ取得が間に合う時期まで積極的にPRしていく。ツアーに限らず、航空券取得や現地宿泊の方法も提案したい」と意気込んでいます。一方で全ての面で危険がない地域とはいえないだけに、危険な目に遭わない為の対策は不可欠といえます。

続きを読む "2020年東京五輪とは"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月13日 (月)

「成人の日」と人口2

県内にある多くの自治体で「成人の日」の式典が行われた昨日に掲載された地元新聞の全県内向けのコラム【大自在】も当然ながら「成人の日」に関する内容。
「県内の新成人は昨年より千人近く多い3万6千人。全国では約1万人減り、最少記録を更新。4人に1人が65歳以上のこの国で、新成人が人口に占める比率は1%に満たない」とした上で「少子高齢社会を生きる彼ら彼女たちの「今年一番の関心事」は消費税増税だそうだ。大手時計メーカーの全国調査でそんな結果が出た。サッカーのワールドカップやソチ五輪を引き離し、断トツで1位だった。消費税導入は生まれる5年程前。物心ついた頃には税率が5%になっていた。新成人には空気のような税金だったとしても、増税となれば関心を持たざるを得ないのは当然だ。日々の生活全てに影響するのだから」。この記事を見て今の新成人はそういう世代なのかと思うと同時に「消費税導入」からの騒動に関する一部始終を見てきた世代として、導入当時と昨年の税率引き上げに関する時との違いを実感してしまいます。バブル景気当時で税金が少々上がったところで何の影響もなかった導入当時と今とではあまりにも状況が違い過ぎる訳です。
コラムの続きですが、「5%への引き上げで政府が掲げたのは「福祉の充実」。今回の増税も「社会保障の充実」と一体で計画された。だが、膨大な借金も抱える中で、本当に充実が図られるのか。新成人の多くも懐疑的に違いない。3%の消費税を廃止し、全額福祉に充てる7%の「国民福祉税」を創設する。新成人が生まれた頃、そんな構想が持ち上がった事がある。事前の議論や詳細な制度設計もないままに時の首相が突如発表し、批判を浴びると撤回した。75歳になったその元首相の東京都知事選出馬が取りざたされている。政治には結果責任も伴うとの自覚が今度はおありなのだと信じたい。いつまでもお達者なのは社会保障を支える新成人にも朗報だ。だが、無責任な振る舞いで若者の政治への信頼をおとしめれば、功罪の罪が勝る事になる」と締めくくられています。
文章の中に出ていた「膨大な借金」は結局、増税をしても全く減らず、むしろ増える一方。「福祉や社会保障の充実」に回そうとしても回らない現実。それでいて、またも増税で増えるのは負担だけ。これからを生きていく新成人や周辺の世代にとって「厳しい時代」はこれからも続きます。

続きを読む "「成人の日」と人口2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 8日 (月)

県内買い物事情(消えたスーパー)

県内では県内でのみ名前が通用しているスーパーがいくつも存在し、その多くが印象的なCMを打ち出してきていますが、そのスーパーの世界にも県外というか全国展開している店が続々店舗をオープンさせ、競争が激化。一方で昔は薬等しか扱わなかったドラッグストアもここ数年のうちにまるでスーパーかと思うような品揃えになり、更に競争が激化の一途を辿っています。

そんな中、今年に入って1月の中旬に地元新聞のネット記事を見ていたら思わず目が釘付けになる記事を見つけてしまいました。主に県内でも静岡市を中心とする中部地区で店舗を運営し、テレビCMでは「話題のスーパー」として県内全域で名が通っていたスーパーが全営業店を閉鎖し、事業を廃業する事を明らかにした上で、同じ県内を中心にスーパーを展開している県内企業に資産を引き継ぐとしているが、最初の話が飛び出した時点では店舗承継について「現段階では話ができない」としていました。
1972年に設立し、県中部で8店舗のスーパーを運営。2012年9月期は競合する大手スーパーの進出や消費低迷の影響で売上高が約70億円と5年前から半減した上、先に閉店した店舗の閉鎖に伴う除却損・売却損等も重なって純損益は9億円の赤字となり、事業継続の見通しが立たず、自主再建を断念したとみられています。この問題は翌日の地元ワイド番組でも大きく取り上げられていましたが、同時に静岡市内は県内外のスーパーが相次いで出店するなど県内屈指の激戦区で、長引くデフレや消費低迷で業界内の競争は厳しさを増しているという問題も出されていました。

続きを読む "県内買い物事情(消えたスーパー)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 5日 (金)

県内買い物事情(デパート&大型店事情)

中心街の大型店は3~4月にかけて「改装」が多く、また新たな形で生まれ変わった施設も多くなっています。

下で書いている静岡市中心街の動向調査で2位になったパルコは店内の約2割を占める30テナントを改装し、3/15にリニューアルオープン。女性服ブランドを中心に県内初出店の8テナントも揃え、中でも3階を全面改装して「女性の為のライフスタイルフロア」に転換し、ネイルサロン等の美容ゾーンや雑貨ゾーンを揃えたそうです。一方で駅と直結する地下道には「無印良品」を展開する良品計画の新業態店を設けて日用品やキッチン雑貨等を充実させ、生活必需品を購入しやすいような雰囲気へと変えているようです。1階を中心に行った2012年9月の改装以降は5ヵ月連続で前年の売上高を上回っていて、担当者は「更に新しい提案をしていきたい。現代の消費志向に合うフロアに変えていく」と話しています。

同じ静岡市中心街にあり、昔は地元FM局のサテライトスタジオも入っていた電電ビル。ここも2010年の閉鎖以来、改装工事に入っていましたが、3年の期間を経て3/27に商業施設がオープン。コンセプトは「大人がおしゃれをして出掛けたくなる店」という事で地上8階建てビルの1〜2階部分(売り場面積は約1800㎡)に衣料品や飲食関連の約14店舗が開業し、外装には駿府城の石垣を意識し、石材を用い、更に内装は天井の配管をそのまま見せて「新しいビルが増える中、古いビルの良さを活用した」そうです。オープンに先立って行われた内覧会では1階部分で先行開業する衣料品等の4店舗がお披露目され。市内でセレクトショップを展開する「セレクトアイカンパニー」が店舗を企画運営し、「大人の女性」を意識した空間を創り出し、化粧品やアクセサリー等も並びます。施設の運営管理はセノバも運営している企業が行い、「電電」と名乗っているので実質的な管理者でもあるNTT側も「街中の回遊性に貢献し、にぎわいを創出したい」と話しています。

JR浜松駅にある駅ビル「メイワン」も全体ではなく構内にある「エキマチ」を含めて時期を区切って徐々に改装を進め、最後に改装工事を行っていた1~2階部分が3/7にグランドオープン。1~2階の売り場を見直して20~30代前半を中心とした女性に人気の高感度な服飾ブランドやセレクトショップを揃え、29店舗のうち県内初出店4店舗を含む10店舗が新規出店。なお、市内初出店となる「ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング」のみ3月のグランドオープン時には開業していませんでしたが、4/4に開業して、これで全ての改装が完了。

続きを読む "県内買い物事情(デパート&大型店事情)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧