書籍・雑誌

2008年2月23日 (土)

オープン戦開幕&懐かしい書籍発見

いよいよプロ野球も今日からオープン戦です。今年のキャンプも沖縄に関しては天候に恵まれなかったみたいで、本来なら屋外で実戦形式も行いたいと思っていたのが室内でやらざるを得なくなったり。
このオープン戦が一種の調整の場となりそうです。

一昨日、いつものCDショップでCDを大量予約(1枚予約を忘れてしまい、今度購入する時に予約します)、電車の時間まで余裕があったので駅ビルの同じフロア内にある本屋へ。
いつものようにスポーツコーナーへ行ってみると、さすがに時期も時期なのでプロ野球はもちろん、Jリーグの様々な形の選手名鑑がズラリ。本当に昔は何冊となく買ったものですが、さすがに好きな選手が引退するとパタッとなくなります。「週刊ベースボール」だけ毎年、買ってるような状態です。
そんな中で昔、よく買っていた本の最新版を発見した。懐かしさを覚えたと同時にもしかしたら以前の発行分で買いそびれた物があったかもと思い立ち、ネットで検索。実家でどれを買ってあるのか確認しないとムダ買いになりそうですが、見た感じで1冊はありそうです。

続きを読む "オープン戦開幕&懐かしい書籍発見"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月26日 (火)

「湾岸ダービー」雑誌に掲載

昨日、定期購読している横浜ベイスターズの情報誌「月刊ベイスターズ」が家に届きました。
その中に私も観戦した「湾岸ダービー」の様子が載っていました。

「湾岸ダービー」とは東京湾を挟んで向かい側に位置する「横浜」と「千葉ロッテ」を表し、今年に至っては全くの偶然ですがJ1でも「横浜」と「千葉」の対決が横浜で行われたので、合同応援企画という形で開催されたイベントです。

続きを読む "「湾岸ダービー」雑誌に掲載"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月10日 (木)

考えさせられた絵本

昨日、夕刊を見ていたら、お薦めの本を紹介する記事があり、こんな絵本が出ているそうです。

題名は「とまとくんの涙」。
農村地帯で生まれ育ち、現在はレストランでパート勤務している女性が勤務先で毎日、大量に出る食料のゴミを見て、得意の絵を生かし「食べ物は生き物。やたらと捨てないで」という思いを込めた1冊です。

続きを読む "考えさせられた絵本"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月18日 (日)

スタジアム観戦の必需品

070313

スタジアム観戦時の必需品が、この「マッチデープログラム」です。

続きを読む "スタジアム観戦の必需品"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月 8日 (木)

祝!復刊!&愛読書

070307

先日、ある雑誌を読もうと本屋へ立ち寄るもお目当てがなく、他のコーナーをさまよう事に。

そんな中、趣味のコーナーに「アキバ系電脳マガジン(出版社談)」こと「月刊ラジオライフ」の最新号を発見。これを読む理由は「ラジオパラダイス」というラジオ番組やDJを紹介してくれるコーナーがある為です。
いつものように読んでいると下に「ラジパラ復刊、2/16に発売しました」という衝撃の記事発見。早速、出版社のHPで確認すると、ありました!確かにラジパラです。プリントアウトして昨日、早速書店で在庫を確認してもらうと、ありました!即刻、購入しました!

「ラジパラ」とは「ラジオパラダイス」の略称。20年くらい前に「月刊」という形で発売されていたラジオ専門の情報誌です。年2回の改編期にはいち早く情報を届け、全国のDJの人気投票を行い、全国各地の放送局を紹介。それだけでなく遠距離受信リスナーの為のテクニックや裏ワザ等を紹介、そして読者投稿コーナーまであるラジオリスナーにとって最も頼りになる非常に心強い雑誌でした。何度か投稿しては採用され、記念品(当時はステッカー)をいただいたものです。17年前に「また会う日まで」の言葉と共に「休刊」。それからの支えは年2回の改編期に出る「ラジオ番組表」のみでした。

そんな中、特別という形で昨年「ラジオマニア」という雑誌が発売。そして今回、17年の歳月を経て「ラジパラ」が雑誌として復刊しました!いやーめでたい!
今回の内容は「TBSラジオ大研究」という事で平日の名物番組を徹底的に紹介し、DJのインタビューも掲載。その他は「文化放送の1日」とか「局アナの泊まり勤務に密着」等、内容はもりだくさんです。

そして、それを読んでいくうちに、ある重大事項を発見してしまいました。「あの」文化放送の平日お昼の名物「吉田照美のやる気MANMAN!(通称「やるMAN)」が今年3月で終了するではありませんか!関東方面へ出掛ける時は楽しみに聴いてたのに。
吉田照美さんは4月から朝の番組へ。「やるMAN」の後は大竹まことさんが務めるようです。そうなると名アシスタント小俣雅子さんの動向が分かりません。

とにもかくにも17年という長いブランクがありながら「ラジパラ」を復刊してくれた「三才ブックス」さんに心から感謝します。ぜひとも昔のような「月刊」での発刊を希望します。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年1月 9日 (火)

「いじめ」について こんな本を見付けました

今日の仕事帰り、いつもの本屋で立ち読みして帰ろうとした時、同じコーナーにあった1冊の本に目が止まりました。
「サンデー毎日」の増刊、TBS「みのもんたの朝ズバツ!」編の「いじめ」に関する本です。番組に寄せられた7630通の投書の中から抜粋したものと1980年以降に起きた「いじめ」関連の自殺事件の一覧表。昨年、起きた福岡と岐阜の事件を含み過去に起きた象徴的な自殺事件の詳細な記事が書かれています。
本の中身を見ると今、いじめを受けている子供たち、その親、過去にいじめを受け、その後遺症を闘う人、周囲の助けを受け自殺を免れた人、様々な状況の人の話がつづられています。当たり前ですが、「いじめている立場の人間の投書はどこにもありません。
昔「週刊少年ジャンプ」が「いじめ」に関する増刊を出し、私も本屋で注文して入手したり、実際に体験談を投稿したりしました。その中には実際にいじめを受けた人が、その体験を全て日記につづり、それを元に本を出し、それを原作にしたマンガも載っていました。
読めば読む程、「いじめ」という行為の残酷さと私よりひどい仕打ちを受けた人がたくさんいた事が伝わると同時に、中には解決に奔走してくれたりする教師や学校もあると思いますが、それはほんの一握り。ましてや教育委員会等の行政は何の力もないところだと実感します。
中学の3年間を「いじめ」られて過ごし、「いい」思い出は残ってません。卒業の時も周囲は涙ぐんだりしてるのに「スッキリした」の思いが強かったです。数年前、同窓会の誘いがあり出席しましたが当時、いじめた男子から再びからかわれましたが(ほとんど障害の事です)無視してやりました&障害者手帳を見せ付けてやろうとしたくらいです。
興味のある方は書店に置いてあると思いますので、読んでみたらどうでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月18日 (木)

本を購入

今日は会社帰りに本屋へ立ち寄り複数を立ち読みし、うち2冊を購入しました。
1冊は「週刊ベースボール」で、ある記事の内容に惹かれました。
もう1冊は競馬関連の本です。
しばらく読みふける日々になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)