日記・コラム・つぶやき

2016年3月14日 (月)

自分とブログの今後

前回の記事更新から、よくよく考えたら1ヵ月近くも経ってました。
最近はほぼ完全に「放置」状態と化してしまい、本当に申し訳ないです。

ブログというものをやり始めて昨年で10年が経過していました。
そもそもは友人がやっているので、それに続く形で始め、最初は撮影した画像等も載せていました。

ところがSNSが本格的になり、いろいろ手を出し始めたら、すっかりそっちがメイン化してしまい、更に自身もいろいろあったりで、なかなか記事の作成すらもままならない状態と化してしまいました。

それでも見てくれる方はいるようで、しかもSNSへ記事の更新を告知すると、それを見て来て下さる方もいて、非常にありがたく思っています。

確かにSNSでもそれなりに記事は書けるし、長文のアップもできます。それでも「限度」はある訳で、そうなるとこういうブログの方が活用できたりする訳です。

今年はブログを今後どうするのか、それとも別へ移行させるべきなのか、じっくり考えたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月31日 (木)

年末のご挨拶

今年もブログをご覧いただいた皆さん、ありがとうございました。
心からお礼を申し上げます。
来年以降に関する話は下に詳細を書いていますが、よいお年をお迎え下さい(喪中でここを見ている方、すみません)。

続きを読む "年末のご挨拶"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 1日 (木)

年始のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。
簡単に新年のご挨拶をさせていただきます。

昨年はブログ記事をご覧いただき、ありがとうございました。
また、昨日までの記事で投稿していた通り、全体的に記事投稿がままならず、特に時事ネタの投稿がほぼできない状況と化していたのを申し訳なく思っています。
現在、仕事が長期休暇期間に入っていて記事の収集や整理には励んでいるものの、他にもやり残しが日常の中で山積している為、それのケリがついてから本格的な投稿に取り掛かる予定です。

しばらくは昨年中に溜め込んだサッカー関連の記事が中心になると思いますが、今年も引き続いてお付き合いいただけるよう、よろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月31日 (水)

年末のご挨拶

少ないながらもブログ記事を見て下さった皆さん、今年1年ありがとうございました。

先日に投稿した記事でも書いている通り、記事にしたい内容があってもなかなか編集まで至らずに日数だけが経過してしまっている事が多々あり、なかなか順調に投稿ができなくて大変申し訳なく思っています。

一応、来年は記事の整理ができた時点、また一部の地元テレビやラジオ番組でテープ起こしをした上で編集作業をする為、年始のご挨拶を除いてブログの記事投稿再開は来週からを予定しています。もう少し、お待ちいただければ幸いです。

来年も今年と同様の事態が発生するかもしれませんが、気長にお付き合いいただけるとうれしいです。最後になりましたが、今年1年のご愛顧に対して重ねてお礼を申し上げると共に、様々な環境で年越しを迎えられると思われるので、ぜひともよいお年をお迎え下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月15日 (土)

ある新聞記事より(昔の回想)

今年に入って「車椅子で修学旅行」という題の記事を地元新聞の「県内総合版」で見つけました。ここの欄に警戒されていると通常はネット版でも掲載されると思って探してみたものの、結局は出ていなくて無念。しかも、同じ高校生を取り上げた記事が数年前にも高校受験の際に当時中学生だった頃に記事で登場していて、その時もネット版に記事がなかったので新聞の紙面をそのまま保管してありました。ちなみに今回の記事も同じように保管してあり、ネット版に出ている記事も気になる部分は保存してあるし、出ない記事はなるべく紙面をそのまま保存するように心がけていて、あっという間にとんでもない厚さになっていたりします。

主役の高校生は車椅子生活を余儀なくされている上に日常でも介護を必要としていて、受験の際に特別支援学校ではなく普通高校を希望し、見事に合格した記事を見つけたのが存在を最初に知ったきっかけ。当然ながら通常の高校の校舎は「バリアフリー」という考えがない状況で建てられたものが多く、ましてや移動に困難を要する車椅子で、加えて日常でも要介護。断られ続けた結果、ようやく許可を取り付けたのが今の高校。実際に自身の母校を改めて振り返れば正門を越えてすぐに階段が待ち構え、学年の昇降口へ行くまでの段階で更に階段、加えて三田が多数の上に通路はレンガ。お世辞にも「バリアフリー」に対応しているとは言い難い状況です。
実は私自身も高校受験の際に「特別支援学校」か「普通高校」か打診された事があり、「レベルが違いすぎてついていけない」と言われて結果的に普通高校へ行く事になりました。視覚の特別支援はいわゆる「全盲」やそれに近い生徒が行く施設であり「見えている」身にとっては、まさに「別世界」。自身が「特別支援学級」へ行ったのは小学校の6年間だけだったし、唯一学級で同級生だったのも何故か学区外なのに同じ中学へ来てるし、受験したのも普通高校だったのが後に発覚。

続きを読む "ある新聞記事より(昔の回想)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月28日 (火)

人生の終わらせ方

平日の朝からこんな記事を書いて申し訳ないです。ただ、今年で一種の「区切り」の年齢を迎えるにあたり、また下記に書く内容を経験して、どうしても書きたくなった訳で、正直なところ、明るい内容ではないのだけはご理解下さい。

少し前から県内のラジオ局で放送されている番組に携帯から送信する事前アンケートで参加しています。放送時間帯は俗に言う勤務時間帯なので、実際に採用されているかどうかは分かりませんが、出せるテーマの際には出すようにしています。
ある週のお題は先日に発表された「グラミー賞」に引っ掛けて、その名も「悔ヤミー賞」。つまり「悔やんでも悔やみきれない」思いをアンケートや番組中の投稿で思い切り語ってもらうというもので、自身が書いた内容は「具体的な事は書けませんが、とにかく電話勧誘を断り切れなくて結果的に大金レベルの無駄金をはたいた事は数知れず。今のようにネット等で情報が事前に入手できる時代ならまだしも、当時はそんな事も分からない、知らない時代で「断る」というか「疑う」事も知らず。もし、あの段階で大金を使っていなければ苦しい思いを引きずったり、生活をせずに済んでいる上、親にも申し訳ない気持ちで今でも後悔しています」。
何故、こんな内容を書くに至ったか、それは先日、現金が必要になったのでATMへ引き出しに行き、預金残高を見て、思わず浮かんできました。また、その時に「あと数年後に私はこの世からいなくなっている」というのも確信しました。自身は「自分で自分を養う生活ができなければ自ら人生を終わらせる」と心に昔から決めています。ただ、如何にして、そして親を含む周囲に迷惑を掛けないように人生を終わらせる方法を知りません。これからいろいろ模索していくつもりです。

続きを読む "人生の終わらせ方"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 1日 (水)

年始のご挨拶

最初に「お断り」。これを見ていただいている方の中には「喪中」の方が少なからずいると思います。あらかじめご了承下さい。

改めてあけましておめでとうございます。
昨年はいろいろお世話になりました。今年も引き続いてお付き合いいただくよう、よろしくお願い致します。

昨日の記事でも書いていた「しもやけ」と「冷え」の件。昨日の朝に今まで出されていた漢方薬を全て飲み終えて、昼から先週末の受診で出された漢方を含む飲み薬2種類を飲み始めました。新たに加わった錠剤は何の問題もなく飲んでいるんですが、問題は種類の変わった漢方。元々先に出されていたのも顆粒で飲み辛かったんですが、加えて先のに比べると味の比較をして申し訳ない気持ちを持ちつつ、やはり飲み難い。より冷え等に効果が出るような形で処方されている為、致し方ないと割り切ってはいるものの、2週間も飲み続けるのは困難であると同時に全てを飲み終えた後の安堵感は前の漢方以上に実感すると思います。ちなみに漢方であっても薬である事に変わりはない訳で、空腹時に入れるのは危険。通常は年末年始等の長期休暇を含めても外出等の用事がない限りは夕食を食べない私でも今は夕食を食べざるを得ない状況と化しています。
飲み薬が1日3回に対して追加で出された塗り薬は1日2回。以前にも病気で塗り薬を出された際に1日3回という指示があり、仕事が始まると、わざわざ昼休みに職場で塗らなければならない状況へ追い込まれた事もありました。今回の場合は朝と夜だけで、しかも軟膏タイプなので助かっています。

続きを読む "年始のご挨拶"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月31日 (火)

年越しのご挨拶

おはようございます。最初にお詫び。今年は趣味関連の記事しか主に更新ができず、すみませんでした。「記事」にしたい時事のニュースは多数あって、自身のPCにも多数取り込んではあるんですが、何分にも記事を書く前に寝てしまったり、今の時期は部屋の中で息を吐くと、まるで外にいるのかと間違うくらいに白くて、つまり身体が思うように動かなくなる季節へいつの間にか突入していた訳です。

今のところは幸いにも風邪のお世話にもなっていませんが、相変わらず冬の時期になると出てくるのが「しもやけ」と「あかぎれ」。以前は治療に皮膚科を使っていましたが、もしかしたら「冷え性」が原因かもと健康関連の電話サービスを利用したら循環器科を紹介されて近くの病院を受診。血液を含む検査で幸いにも異常はなかったものの、いろいろ指摘された上で漢方を処方された上、主に食事と運動の面でアドバイスされました。漢方の効果もあってか、昨年から今年までなら今の段階で赤く腫れ上がっていた足が時折出るかゆみだけで収まっている状態で、ただ一方で「冷え」に対しては悲しいかな根本的な解決には至らず。そこでより効果がある漢方へ薬を変えた上で飲み薬を1種類追加。更に皮膚科でも塗り薬をもらっていましたが、ここでも塗り薬が追加され、新年からは3種類の薬で治療する事になりました。
冷え性の解消と血流の循環をよくするのが主な目的ですが、長年の積み重ねがあるだけに、そう簡単に短期間で解消できるとは思っていません。まだ、かゆみで収まっているものの、これから徐々に本格化して出てくるでしょう。

上のような状況故、あまり投稿ができなかった訳ですが、そんな中でも閲覧していただいた全ての皆さんに心からお礼を申し上げます。来年はある意味で「区切り」を迎え、また様々な面で波瀾万丈な日々が続くでしょう。今年以上に通常通りの投稿へ戻そうとしている一方で、また今年と同様か、それ以下になってしまうかもしれません。それでも温かく見守っていただき、コメント等もいただければ幸いです。
最後にブログを見ていただいている全ての皆さんが無事に新年を迎えられるよう、お祈りしています。よいお年をお迎え下さい。

続きを読む "年越しのご挨拶"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月17日 (木)

復帰のお知らせ

しばらく投稿ができずじまいですみませんでした。一昨日の夜に無事、我が家のPCがアップグレードを終えて戻ってきました。台風が接近している当日で、しかも雨が徐々に強くなっている中で連絡してきてくれた上に設置してくれた業者さんに感謝です。

続きを読む "復帰のお知らせ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月21日 (水)

8/21 日々の雑記帳1(猛暑と熱中症=余談あり)

最初に自分の件を少々。昨夜、いつものように新聞のネット記事から気になる件を収集し、終盤に差し掛かった頃、足の裏に何やら違和感。触ってみたら、いきなり手の指2本に激痛が走り、思わず離してしまいました。「犯人」の正体は何とムカデで、慌てて家にある強力タイプの虫さされ用塗り薬を塗って対処。犯人は既に何処かへ消えてしまい、見つからず。何とか処理を終えて寝たものの、痛みが抜けないので、なかなか眠れず、一時は両脇のリンパ周辺にまで痛みが出る始末。今朝になって右手の人差し指は痛みも違和感も抜けたものの、左手の中指は痛みも違和感も抜けず。しばらくはこの状態のままで日常生活を送る事になりそうです。ただ、もし足裏を刺されていれば状況次第で出勤や日常の行動にも影響が出かねなかった訳で、それを考えれば、まだ手の指程度でよかったかもしれません。
実は過去にも似たような事を実家でした事があり、その時は頭に何やら違和感を覚えて障ってみたら、同じ左手の薬指に激痛!その時の「犯人」は大きなアシナガバチで格闘の上に始末。休日だったので、実家の親が慌てて近所の総合病院の救急に電話をして処置方法を教えてもらった経緯があります。

自身の場合はアシナガバチでしたが、ハチも種類によっては危険だったり、危険でなくてもアレルギーでショック症状を起こしたりする訳で、こういう事態が起きても致し方ないというニュースが昨日にありました。
北海道のJR根室線(花咲線)の駅で釧路発根室行き普通列車の運転士が右手の薬指をハチに刺され、そのまま5駅先の茶内駅まで運転を続けたものの、JR側は病院で検査を受けさせる為に茶内-根室間でこの列車を運休させたそうです。駅で乗客が乗降していた際に運転室の窓からハチが入り込んだそうですが、幸いにも他に刺された等のけが人はなく、乗客は茶内駅からタクシーで代替輸送したそうです。運転士の方はきっと痛みを覚えながらも耐えて運転していただろうなと同じ経験をしているので想像してしまいます。

続きを読む "8/21 日々の雑記帳1(猛暑と熱中症=余談あり)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧