ニュース

2016年9月25日 (日)

新野球場は「空想」か「本物」か

【はじめに】
久々のブログ更新になりました。すみません。


以前にも何度か記事で出した静岡県が浜松市内に「新野球場」を建設しようとしている問題。当初から県や市はもちろん両方の議会、果ては企業まで巻き込んだ一大問題と化し、結果として県と市、両方の議会で予算案が「否決」される事態に発展。
そして、この計画に対して「寄付する」と言っていた某企業のトップも最近になってデータ不正問題委や申告漏れ等、社内でも問題が続々明るみになり、すっかり口を出さなくなりました。そこまでこだわって散々口を出すなら「私営」にでもして、自分の想像通りにすればいいと思ったくらいです。

そこからどうなったのか…8月末、地元新聞に下記に出す「意見広告」が1面の下半分にデカデカ出てきました。全国的にも名を知られたスポーツ関係者が作った「新球場と浜松百年の計を考える市民有志の会」という団体です。
ただ、その団体が打ち出したのはあまりにも空想が大きすぎ、今の浜松市の身の丈とはあまりにもかけ離れたものでした。これを支えるだけの力が今の浜松市にあるのか、そしてもし作っても、後々に大きな負担を残すだけではないかという感じがしました。

上に出している団体が今月の中旬にシンポジウムを行うと同じ広告欄に出してきましたが、そこに口を出したのが県知事。これまでも県はもちろん、市町が関わる様々な問題に口を出し、最近では静岡市町との折り合いの悪さを事あるごとに露呈してきましたが、これに関しても数日後に行われた「定例会見」の場で出てきました。

いずれにしても「新野球場」が単なる「空想」で終わるのか、それとも「本物」の形で現れるのか。それは何年後かに明らかになるでしょう。


先に9/8の新聞に出ていた県知事定例記者会見の内容から記しておきます・


・浜松球場シンポに「懸念」 自らの政治介入は否定
川勝知事は、静岡文化芸術大(浜松市中区)の講堂で19日に浜松新野球場建設地の見直しを求める団体が開く「地域スポーツ文化シンポジウム」について、「(推進、反対双方の)共同主催なら別だが、一方の主張を持つ人たちが主催者ということに政治色を感じる」と強い懸念を示した。
知事は同じメンバーによるシンポジウムが6月にも同大で開かれたと指摘。自身が同大学長だった7年前、辞表を提出して知事選に出馬したいきさつを詳述しながら「政治的な動きを大学に持ち込むのはいかがか。大学の教員が一つの主張を持ち(その権限で大学の施設を)活用するのは越権行為」と、メンバーの一人である溝口紀子同大教授を指して批判した。一方で記者側から「発言は大学への政治介入にならないか」との声が上がると「集会、表現の自由にとやかく言っているわけではない」と否定し「口を出したのはシンポジウムの招待状が県に来たから。大変懸念しているだけ」と念押しした。

・「早期事業化を」 浜松市長が要望
浜松市の鈴木康友市長が7日、県庁に川勝平太知事を訪ね、県の2017年度予算編成に当たり、新野球場の設置を主体とする遠州灘海浜公園篠原地区(同市西区)の整備の早期事業化などを要望した。県は5月、野球場整備を盛り込んだ基本構想を策定。浜松市議会は特別委員会を設け、県の構想を巡って協議を続けている。鈴木市長は「われわれの方が準備が遅れ、ご迷惑を掛けている。特別委の結論が出れば、予算措置をして(事業化に向けた)準備を進めていく」と述べた。川勝知事は「市民の意思をまとめていただきたい。こちらはいつでも対応できるようになっている」と応じた。

続きを読む "新野球場は「空想」か「本物」か"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月10日 (金)

地震とスポーツ

4月に熊本を中心に震度7が間隔を開けずに2度も襲うという、今までの前例にない地震が襲ってから、間もなく2ヵ月です。この地震で「前震」「本震」という新たな言葉が生まれ、いまだに多くの人は避難生活を余儀なくされています。また、地震を始めとする自然災害が起こる度に、改めて防災をどうしなければならないのかという現実を突き付けられます。

県内でも今年に入って東海地震が起こると言われ始めてから40年が経つのを機に地震や予知に関わる連載が新聞で掲載されています。阪神淡路大震災の時、そして東日本大震災、今回の熊本と大分で起きた地震を含めてテレビでも特番を放送しました。
九州の地震では熊本が被害も大きく、震源地に近いのもあって大々的に取り上げられていますが、規模に違いはあれど被害を受けたのは大分でも同じ。ただ、熊本に比べると取り上げられ方、特に全国版の新聞やニュースでの扱い方に大きな違いを感じてなりません。
また、今回の地震に関していえば4~5月だけでなく、夏、そして修学旅行が多くなる秋にかけて熊本や大分だけでなく、観光への影響が九州全域に広がっているのをネット版の記事を通じて知りました。

九州の地震の記事といえば3月の中旬、福岡を襲った大きな地震から今年で11年が経過するのを前に、福岡を中心として九州一帯をエリアにしている新聞社が地震に関する記事を何日かに分けて紹介しているのを見つけて、ここのブログでも紹介した事がありました。
東日本の震源域である東北は度々地震や津波による被害を受けているので、それなりに対策は講じていましたが、阪神淡路と同様に九州でも地震はめったに起きないといわれていた為、住民自身の意識が他の地域より低いと出ていました。

続きを読む "地震とスポーツ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五輪代表の行方

普段はあまり「代表」というものに興味がないけれど、今月というか「今日」に関わる話が先月の新聞記事に出ていたので、紹介します。
もしかしたら全国版の新聞にも記事として表つきで出ていたかもしれませんが、夏におこなわれるリオ五輪のサッカー男子に「オーバーエージ枠」を採用するのか、しないのかという問題。

最新版の新聞記事では「3人まで起用できる24歳以上のオーバーエージ枠候補選手を5人前後に絞り込んだ事が複数の関係者の話で分かった。FWはJ1の3季連続得点王で川崎の大久保嘉人や大迫勇也=ケルン、DFでは塩谷司=広島、藤春広輝=G大阪=が入ったと見られる。日本協会は視察から帰国する手倉森誠監督と調整し、最終的に候補を固める。今後は五輪代表メンバー18人を発表する7月上旬までに所属先と交渉を進める」と出ていました。

五輪で参加するサッカー男子の代表は原則的にU-23と呼ばれるように23歳以下の比較的若い選手で構成されますが、今はそれを飛び越してA代表で活躍したり、Jリーグで数年活躍して海外へ移籍し、活躍する選手ばかり。

記事で出ていた表を見ると「メキシコ以来の出場」といわれたアトランタから前回までほぼOA枠は人数に違いはあれども採用しています。

続きを読む "五輪代表の行方"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月22日 (火)

<東日本大震災から5年>競馬編&忘れてはならない記憶

これまで野球・サッカーと「東日本大震災」が残した爪痕と影響について書いてきましたが、同様の影響は競馬界でも深刻でした。また、その日が来ると必ず取り上げられる1頭の現役馬がいます。
よく競馬のニュース等で取り上げられる有力馬の多くが休養等に充てている宮城県内の調教施設。そこももちろん被災し、3月中旬といえば例年、順調であれば厩舎へ帰還して重要なレースへ向かう予定だった馬が軒並み戻れず。もちろん普段は中央の関東所属馬がトレーニングを行う茨城のトレセンも被災して使えず。地方でも同様の事態が東北や関東を中心に各地で発生。競馬場も今は通常通りに開催されている被災地にあたる中央の福島、地方の盛岡・水沢が施設の損傷等で使えず、それぞれ完全復旧までに1年以上を要し、特に福島は被災者の避難場所としても使われた経緯があります、関東でも多くの競馬場が使用できなくなり、中央競馬はほとんどの期間を「代替開催」せざるを得なくなりました。故に「グリーンチャンネル」の「重賞メモリアル」で当時のVTRを見ると、特に3月中旬以降の重賞は通常、関東で行われている多くが関西で行われたりしたものです。
ちなみに上で出している宮城県内のトレセン周辺の道沿いには、まだ「工事中」の立て看板がいくつも立ち、がれきの山は片付いて田んぼは整地されているが、見渡せばあちらこちらにあるショベルカーが視界に入ります。トレセンから約2kmの海岸沿いは、ひたすら防潮堤が続くだけで殺風景。それでも昨年3月には高速道路の常磐道が全線開通して、関係者のインタビュー記事を読むと「馬も人も随分楽になりましたね。年内にはJR常磐線が相馬まで延びる予定。最寄りだった坂元駅もできる。そうなれば交通に関してはだいぶ落ち着いてくるかな」。少しずつではありますが便利さを取り戻し、また徐々に通常の世界へ戻ろうとしているのが分かります。

そして、この時期が来ると必ず取り上げられる1頭というのは、ちょうど震災が発生した日に北海道の牧場で生まれ、順調にいけばデビューに向けて調整が進む2歳の2月に重度の腸炎に見舞われて生死の境をさまよい、苦労してデビューを迎えたのは「ダービー」当日。その時点では目立たない存在だったものの、夏のローカルで力をつけて「神戸新聞杯」3着で優先出走権をつかんだ「菊花賞」で最速のレースレコードを記録し、デビューからの最短で制したトーホウジャッカル。
順調ならば今頃は中長距離戦線の主役を堂々務めていたはずが、またも順調に事は進まず。「菊花賞」後に長期休養を強いられた事は2度。そんな苦労を乗り越えて一昨日の「阪神大賞典」で復帰。果たして「春天」に出てくるのかどうか、注目です。

続きを読む "<東日本大震災から5年>競馬編&忘れてはならない記憶"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月21日 (月)

<東日本大震災から5年>サッカー編&根深いスタジアム問題。

昨日の記事内でも書きましたが、県内で数年来の問題として大きく取り上げられてきた静岡市の市有地に建設するのはサッカー専用のスタジアムか、アリーナかという問題。最初は市の体育協会や市議等の提案でコンサート等が開催できるアリーナで決まるところでしたが、そこへJリーグの清水が駅近くにサッカー専用スタジアムを建設してほしいと要望を出した事から事態が一気に表面化。
実はニュース内でも取り上げられましたが、清水の現在のホームであるIAIスタジアム日本平には現在、Jリーグがライセンス取得の為に定めているスタジアム基準で合致しない部分があり、現在のスタジアムでは大規模な改修工事を実施しなければなりません。ジュビロはそこをクリアする為に数年をかけて大規模な改修工事を行った経緯があります。また、スタジアム関連でいえばJ2の北九州は現在のスタジアムがJ1ライセンス取得に必要な条件に達していない為、数年前にJ1昇格プレーオフ圏内の5位でリーグ戦を終えたものの、プレーオフには参加できず。そのスタジアムがいよいよ今年完成するそうで、これでもし今季のリーグ戦を6位以内で終えればJ1昇格の可能性もある訳です。スタジアム問題はそのままJリーグで戦う際に必要な重要要件となっていますが、それにしばられたり、変なプレッシャーを受けているチームが多数存在しているのも事実です。
市有地なので市と清水の問題で片付くのかと思いきや、ここに県が出てきて一気にドロ沼化し、記事を出してからも解決策は一向に見えないまま。県にいわせれば静岡市内には昨年、県営の草薙体育館を改修したばかりというのがあり、わざわざアリーナを新たに建設する必要はないというのが主張です。この問題は実際に昨年の静岡市長選でも争点として取り上げられ、ニュースでも相変わらず大きく取り上げられました。ただでさえドロ沼化の一途を辿っているところへ更に新たな案が浮上し、ますます深刻化している現状。その影響は他の事項を含めた大きな括りとして県と静岡市の関係、もとい県知事と市長、市議との関係に及び始めました。

また、静岡県内だけだと思っていたサッカーのスタジアム問題。ネットで全国の新聞記事が読めるので、スポーツ面を見ていると、他のJリーグチームでも自治体を巻き込んだ問題へと発展し、特に広島の場合はやはり静岡市と同様で選挙の際に争点の1つとして取り上げられ、広島のクラブ関係者が選挙に出馬する事態に発展。
ただ、静岡市にしろ、他の自治体にしろ、全てにおいて言えるのは実際に観戦へ来るサポーターが議論から完全に置き去りにされている点。そして、今のままで問題解決の糸口が見えない場合、清水がスタジアムに対してどういう判断を下すかに注目が集まります。

続きを読む "<東日本大震災から5年>サッカー編&根深いスタジアム問題。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月20日 (日)

<東日本大震災から5年>野球編2&ゴタゴタ再燃からドロ沼化

別記事で書いている輪番・計画停電を何故県内、草薙は受けずに済んだのか?
静岡県という地域は様々な面で東西の地域で境界線とされています。私の趣味でいうと競馬のテレビ中継、地デジ化をこの時は大いに恨みましたが、静岡と愛知が地上波でネットするテレビ局の境界線であり、静岡までがフジ系、愛知から関西テレビ系となります。地デジになる前、自宅のある地域は県内でも名古屋寄りだった為、静岡と愛知のテレビ局が見れる環境にありました。お陰でフジ系がつまらないと感じたら関西テレビ系を見る、そんな生活を送っていました。ところが地デジでは地元県しか見られないようになった為、愛知県のテレビはケーブルでしか見られなくなり、今は一部の局だけ本当に「特例措置」で見れるようになっています。果たして、この状況はいつまで許されるのか?もし期限が来たら、これが目的で継続していた利用者が一気に減るでしょう。

話が逸れましたが、実は電力会社の境界線も県と県ではなく、県内で境界線があり、それが静岡県内。何を境界線にしているかというと川。県内には主に天竜川・大井川・富士川という大きな河川が走り、それが県内地域の境界線になっています。よく商品の販売エリアでも「大井川以西(大井川より西)」とか「富士川以東(富士川より東)という表現をされます。ちなみに天竜川はこういう時に出てきませんが、昔はサッカーの世界で天竜川を挟んだ「決戦」と称される戦いがありました。電力会社の境界線…それは富士川で、つまり富士川以東は「東電」、富士川以西は「中電」なんです。ニュース等で停電関連が出てくると、必ず富士川以東で起きると東電、富士川以西で起きると中電の名前と共に支店名が出てきます。
震災による電力の影響は原発の停止にも及んだので、全県的に出たのは確かです。ただし、輪番・計画を含む長時間の停電が起きたのは東電の地域なので県内でも主に東部・伊豆地域。その影響は人や車の移動にも波及し、特に影響を受けやすい夕方から夜の時間帯で停電開始時刻が近付くと県内でも多くの人や車が影響を受けなくて済む富士川以西へ移動していました。お陰で富士川以西で富士川に近い地域の施設等は大混雑したそうです。

続きを読む "<東日本大震災から5年>野球編2&ゴタゴタ再燃からドロ沼化"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<東日本大震災から5年>野球編1&開幕を前に

早くも今週末に今季のプロ野球が開幕する。ファンとしてはゴタゴタモ起きず、平穏な状況下で開幕を迎えたかったところですが、昨年から一気に発覚した野球賭博が再び発覚し、加えて「声出し」等の行為に伴う現金授受が各球団、しかも全体の半数以上で発覚。加えて先日もニュースで大きく取り上げられた元選手の覚せい剤…過去にも球団合併問題等でシーズンに入ってもゴタゴタがつきまとうシーズンはありましたが、開幕前の段階でここまで続く、そしてそれが残されたままで開幕を迎えるシーズンも珍しいのではないかと思います。
開幕戦とあれば通常は地上波で中継されるのが当たり前でしたが、今やその傾向も完全に崩れました。今季の場合は特に中継を始める前、もしくは試合開始前にチーム関係者からの謝罪が行われる可能性もあります。
余談ですが、ラジオもいわゆる「ナイターイン」「ナイターオフ」と呼ばれる、プロ野球中継がある時とない時で編成が大きく変わります。今年の場合は来週の週明けから編成がプロ野球中継を入れた「ナイターイン」仕様になります。テレビ中継も地上波が減少していますが、それはラジオも同じ。特に近年は土日にデーゲームを行う場合が一挙に増えた為、地元局も土日に中継は夏でナイターが増えてきても入れてません。また、以前は「試合終了まで生中継」と称して試合時間が長くなれば、その時間帯に放送している番組は軒並み休止し、長い時は日をまたぐかまたがないかという場合もありました。しかし、今は地元開催だろうが、いくら緊迫した展開だろうが、中継終了時刻をきちんと定め、終了時刻が近くなると「終了させていただきます」というアナウンスが出る状態。すっかり昔から様変わりしてしまいました。

3/11に発生から5年が経過した「東日本大震災」は1995年に発生した「阪神・淡路大震災」共々日常生活だけでなく、様々な世界にも大きな影響を及ぼし、それは県内の特に野球界の傾向を一気に変えるきっかけになりました。
復興に向けて動いている東北を本拠地にしている楽天が何とつい最近まで開幕へ向けた最終調整の為に県内の草薙球場を使用し、期間中はオープン戦3試合も実施。その為、普段はキャンプや公式戦以外ではほぼ楽天について扱わない県内の地元新聞も積極的にオープン戦を中心に記事で取り上げ、大震災が発生した3/11には球場内に半旗が掲げられて監督・選手を含めて草薙にいた関係者が全員、発生時刻に合わせて黙とうを捧げている様子も新聞内で写真入りで掲載。
また、これを契機に県は挨拶に訪れた球団関係者へ向けて公式戦開催を含むPR活動を行ったのは言うまでもありません。

続きを読む "<東日本大震災から5年>野球編1&開幕を前に"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月14日 (月)

<東日本大震災から5年>&忘れてはならない事

3/11、5年前と同じ金曜日に「東日本大震災」から5年が経過しました。発生時刻の14:46は平日につき仕事中だったので黙とうはできなかったものの、心の中で犠牲者の冥福を祈りました。
5年前は今年と同じように週末へ向けてせっせと仕事に励んでいると急に今まで体験した事がない、本当に地面がしびれるような不気味な揺れが襲いました。初めて体験した、これ以後も経験していないあの揺れをいまだに忘れる事はないし、これからも決して忘れません。ただ事ではないと勤務先全体が一時騒然となり、仕事そっちのけで一部は情報収集に明け暮れて週末の事を考える余裕すらもなくなり、仕事を終えると何も考えずにとにかく帰宅するので精一杯。幸いにもまだJRが運行していた為に自宅まで何とか辿り着いたものの、程なくして「大津波警報」により、JRの運行が止まり、市内でも沿岸部を含めて多くの地域に避難勧告が出されました。

3月の中旬といえば今もそうですが、プロ野球も開幕直前でオープン戦真っ盛り、Jリーグも開幕直後でこれから盛り上がろうとしていた矢先、更には競馬もクラシックへ向けたトライアルを含めて重要なレースが中央地方を問わず目白押しだったんですが、そんな話題も全て一瞬にして吹き飛びました。楽しい事を考える方がおかしい、テレビもラジオも新聞も、何もかも止まった、時間すらも止まったような本当に静かな空間へ変わった数日間を忘れる事はできません。

不気味な揺れは案の定、今まで日本で起きた、あの甚大な被害を出した「阪神・淡路大震災」をも上回るM9.0というとてつもない地震、そしてこれまであまり取り上げられなかった、この地震をきっかけに改めて恐ろしさを痛感させられた津波。県内でもこの地震を機に地震・津波が改めて注目されるようになったのは言うまでもありません。都市直下型の恐ろしさをまざまざと味わった阪神での大震災とは、また違う恐ろしさです。

続きを読む "<東日本大震災から5年>&忘れてはならない事"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月14日 (日)

2016 Jリーグ始動(磐田3)

昨季もそうでしたが、今季も全体としての始動からキャンプまで、1年間を戦い抜くための体力づくりから取り組み、全体練習の初日から全選手が計約10kmを走るメニューを無難にこなし、名波は「けが人を減らす事はテーマ。走れる土台は去年でできた。今季は走りの質を上げたい」と昨季からの上積みを図っています。昨季のキャンプ取材でも、またその他のインタビューでも出ていた話ですが、とにかく選手と共に監督がランニングに入って体力づくりに参加するのがこのチーム。昨季の名波といえば途中からヒザの状態が悪化してベンチ入りはするものの、松葉杖という痛々しい姿を後半戦では見かけていました。引退したとしてもヒザの状態が万全ではないんだなと思わされました。
その後、今季も引き続き所属する外国人3選手も合流し、昨季のJ1昇格はこの3人のお陰と言って過言ではないくらいに貢献してくれた3人と共に。これでチームの全体像が判明。

以前に書いた記事の中で特にDF陣を中心にジュビロから移籍等で去った選手、代わりに加入した選手について、動きを書きましたが、改めて今季のポジション別でどのような陣容になったのか。また、新たな動きについて書いていきます。J2も日程が過密で、加えて遠征の距離も長い過酷なリーグでしたが、J1は名称変更されるのかどうか注目されている「ヤマザキナビスコ杯」を含めて別の意味で過密であり、また今季は特に変則日程も多くなっています。そういう意味ではレギュラーだけでなく、若手を含めた全体の底上げが必要な訳です。

GK登録は八田・カミンスキー・志村に鳥栖から完全移籍で加入した奥田の4人。鳥栖といえば牲川が期限つきとはいえ移籍したので、奥田と入れ替わりという形になります。昨季はカミンスキーがどういう選手なのかというところから入り、牲川に出場機会はあるのか、八田が正GKなのかとか考えていましたが、終わってみればカミンスキーがほぼ開幕戦からフルでどっかり正GKに収まって志村・牲川どころか八田の出番すらなくなった状態。今季もカミンスキーを中心に八田・奥田・志村が挑む構図になるでしょう。

続きを読む "2016 Jリーグ始動(磐田3)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016 Jリーグ始動(磐田2)

1/14に行われた新体制会見からキャンプ、そして昨年から開催されている「ニューイヤー杯」までまで、今季のジュビロが指導して約1ヵ月が経過し、徐々にポジション別のレギュラー争いに構図がはっきりし始め、誰が2/27の開幕戦でベンチ入りするのか、そしてスタメンでピッチに立てるのか、楽しみになってきました。昨年もテレビの「開幕直前スペシャル」で名波は最後の最後まで悩んでいると言っていましたが、今季もきっと同じような心境で迎える事になるでしょう。

新体制会見では監督と新加入の8選手が出席、新シーズンの躍進を誓い、その中で名波は「まずは勝ち点40にいち早く達し、目標を上方修正していきたい」と宣言。昨季年間15位でJ1に残留した新潟の勝ち点は34。まずは残留を確実にした上で、勝ち点の上積みを図り、上位進出を目指すと記事に書かれています。この「年間勝ち点40」という言葉は昨シーズン終了後、度々どこかのスポーツ番組やニュース番組に登場した際も口にしていた言葉であり、J1に昇格したからと言って決して大きな事は口に出さず、まずは下から着実に上がっていく気持ちが見えます。
実際に昇格を決めた大分戦後のロッカールームで名波が選手に掛けた言葉、それは「Jリーグで20番目のチームだ」。つまり、J2で2位といえば聞こえはいいかもしれないが、J1から見れば20番目。つまり、まだそこまでの位置でしかないという意味。ここからどのように這い上がっていくのか、どの段階で目標としている「年間勝ち点40」を達成した上で順位を伸ばせるのか。以前に別の記事でも書いた通り、特に昨季、降格した3チームを含めて下位に低迷したチームはほぼ1stステージで下位に低迷し、その流れを断ち切れないまま2ndステージへ突入し、結果として年間順位で下位に低迷したままだったという経緯もあります。
2ステージ制になったちはいえ、昔より格段に1stと2ndとの「中断期間」が短くなり、切り替えが難しくなっているのも事実です。

続きを読む "2016 Jリーグ始動(磐田2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧