« 2016GⅠ一押し情報「有馬記念」(番外編) | トップページ

2017年2月19日 (日)

2017GⅠ一押し情報【フェブラリーS】

今年もこの記事を書く時期がやってきました。
G1に出走する中からJRAの公式HPに出ている【データ分析】を参考にしつつ、時には【独断と偏見】も丸出しで【一押し】を紹介します。
根が【カタブツ】なので、つまらない文章しか書けなくて申し訳ないですが、今年もお付き合いいただけるとうれしいです。

先に昨年末の報告。【番外編】でも書いた地元のエクセルで行われた【金曜有馬祭り】で司会の竹之上アナ、解説のテリー津田氏、ゲストの細江さん、3人の予想で出した馬がほぼ全て上位に来て、更に実際のオッズでも上位人気の1~3着。非常に平穏無事な【有馬記念】でした。
かくいう当人も【一押し】で取り上げたうちで1~4着。竹之上アナ一押しだったヤマカツエースを穴候補生に指名し、もし3着まで来てくれたらと思いましたが、甘かったです。平日の払い戻し時間までに間に合わないので、元々買いませんでしたが、結果として買わずに正解でした。

例年通り、今年も中央G1は【フェブラリーS】で幕を開けます。
ちょうどドバイ開催と時期的に近いのもあり、ドバイを優先して国内を回避する馬も出るのが、この時期の定番。また、距離的な事も考えて地方交流へ矛先を向ける馬も出てきます。
昨年までに主役を張ってきた馬が何頭か引退、代わりに出世が遅れたり、素質開花までに時間を要した新興勢力が続々台頭。ようやく砂路線にも着実に【世代交代】が来ています。

そんな訳で今年もフル16頭集結。今回は【独断と偏見】に該当する馬がいないので、素直に【データ分析】重視で【一押し】を決めさせていただきました。
なお、昨年まで使用していたJRAメルマガの【データ分析】はメルマガ配信終了に伴い、使用しなくなりますので、ご了承下さい。


サウンドトゥルー
ゴールドドリーム
アスカノロマン
モーニン
カフジテイク
ノンコノユメ
ケイティブレイブ


オッズを見たら見事なまでの混戦で、どうしようかと思ったけど、こうなりました。
まず【WIN】データが当てはまったゴールドドリーム・アスカノロマン・モーニンは文句なく合格。後は近走の成績以上に中央の、特にマイル以上の砂で実績があるかどうかを重視。 今さらではありますが、サウンドトゥルーは【チャンピオンズC】の勝ち馬、カフジテイクも1400が主戦場と言いながら、東京マイルのオープンで上位に来た実績あり、ノンコノユメは昨年の【フェブラリーS】で2着、そして今回の穴候補生は地方を転戦しているので印象は薄いかもしれませんが、昨年の【レパードS】の勝ち馬ケイティブレイブです。

前走好走馬が優勢=過去10年の3着以内30頭中26頭は、前走の着順が「3着以内」。一方で「4着以下」だった馬は3着内率5.2%と苦戦。前走で4着以下に敗れていた馬は評価を下げたいところですが、実は【例外】パターンが存在します。それが、これ。
前走の着順が「4着以下」だった馬の中で3着以内に入った4頭のうち、2014年の優勝コパノリッキーを除く3頭は、いずれも前年の「マイルCS南部杯」を優勝していた事実判明。前年秋に今回と同じダート1600mのJpn1である「マイルCS南部杯」を制していた馬は、たとえ前走の着順が「4着以下」であってもマークしておくべき。

前走が1800m以上のレースだった馬に注目=過去10年の3着以内30頭中25頭は、前走の距離が「1800m以上」。一方で「1800m未満」だった馬は3着内率6.3%と苦戦。臨戦過程を比較する際は、前走が「1800m以上」のレースだった馬を重視。つまり、同じ前哨戦であれば同じ左回りでも東京1400mの「根岸S」よりも中京1800mの「東海S」を重視すべき、加えて地方の交流重賞も短距離より中距離路線からの臨戦組を重視すべきという事でしょう。ただ、これにも【例外】が存在します。
前走の距離が「1800m未満」だった馬の中で3着以内に入った5頭のうち、2012年の優勝テスタマッタを除く4頭は、前走で同年の「根岸S」を優勝。前走の距離が「1800m未満」だった馬のうち、前走で「根岸S」を優勝していた馬以外は評価を下げるべき。

前走で下位人気だった馬は過信禁物=過去10年の連対馬20頭は、いずれも前走が“国内のレース”、かつそのレースでの単勝人気が「5番人気以内」。一方、「6番人気以下」だった馬の3着内率は4.8%にとどまっています。前走を比較する際は、着順や条件だけでなく、単勝人気もチェックしておきたいところ。いくら過去に実績を持っていたとしても、やはり最近の人気はそのまま反映させるべきという事でしょう。

馬格のある馬が中心=過去10年の3着以内30頭中23頭は、前走の馬体重が「500kg以上」。一方、「500kg未満」だった馬は3着内率10.6%とやや苦戦。なお、前走の馬体重が「500kg未満」だった馬で優勝を果たしたのは2007年のサンライズバッカスが最後で、ここ9年の優勝馬はいずれも前走時の馬体重が「500kg以上」。上のデータに比べれば、まだマシなレベルですが、どうしても「大きくなれない」馬もいる訳で、これは生まれ持ったものもあると思います。ただ、やはり臨戦過程を比較する際は成績だけでなく“馬体重”もポイントの一つと言えるでしょう。

近年はJRAのダートのレースでの実績が重要=過去5年の3着以内15頭は、いずれも前年以降に“JRAのオープンのダート1600~1800mのレース”で3着以内に入った経験がある馬で、2013年15着のカレンブラックヒル(1番人気)、2016年10着のホワイトフーガ(5番人気)等、近年はこの条件をクリアしていなかった馬が上位人気に応えられなかった例も少なくないんです。芝のレースや地方のダートグレード競走を主戦場としてきた馬等、前年以降にJRAのオープンのダートのレースにこれといった実績がない馬は過信禁物。東京の1600mは芝スタート故に過去から芝で不振に陥ったり、近走の成績が思わしくない馬が活路を求めていきなり参戦してくるケースは多々存在し、上位人気になるケースも時折見受けられますが、やはり現実は甘くないというのがこのデータです。

最後に「勝ち馬を探せ! FOR THE WIN」は今回の舞台に関わる話。
コース適性もチェックしておきたい=過去5年の優勝した5頭は、いずれも“東京・ダート1600mで行われたオープンのレース”において3着以内に入った経験がある馬。また、この5頭は前走の単勝人気が「5番人気以内」、前走の馬体重が「500kg以上」、“前年以降のJRAのオープンのダート1600~1800mのレース”において3着以内に入った経験があった点も共通。コース適性の高さを証明し、上であげたいくつかの条件をクリアしている馬が有力候補と言えるでしょう。

|

« 2016GⅠ一押し情報「有馬記念」(番外編) | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129064/64911795

この記事へのトラックバック一覧です: 2017GⅠ一押し情報【フェブラリーS】:

« 2016GⅠ一押し情報「有馬記念」(番外編) | トップページ