« 2016年12月18日 - 2016年12月24日 | トップページ | 2017年2月19日 - 2017年2月25日 »

2016年12月25日 - 2016年12月31日

2016年12月25日 (日)

2016GⅠ一押し情報「有馬記念」(番外編)

最初に別記事で紹介している「データ分析」を参考にして選んだ「一押し」はこちら。人気薄を含んでいる為、多めにしました。

キタサンブラック
ゴールドアクター
ヤマカツエース
サウンズオブアース
アドマイヤデウス
サトノダイヤモンド
シュヴァルグラン

まず、メルマガとWINを含めた事前にはっきり分かるデータが全て当てはまった上に前走を含めて過去全勝という最内に入ったキタサンブラック、枠を除けばWINまでほぼデータが全て当てはまっているサトノダイヤモンドは、まず確定。続くのは枠が内枠でWIN以外のデータが全て当てはまっているゴールドアクターとサウンズオブアース。更に枠やG1での着順等の不安要素は持ちつつも、データを見れば条件的に当てはまっているアドマイヤデウスとシュヴァルグラン。そして、最後に入れたのは過去に穴を提供したオーシャンブルーと同じ「金鯱賞」1着経由、更に距離は違えど過去に中山で重賞勝ち実績があり、しかも内枠というヤマカツエースまで入れておきます。

実はここ数年と同様、ここが引退レースと決まっている馬が1頭。「宝塚記念」で指名して大変お世話になったマリア様ことマリアライト。入れてあげたい気持ちは山々なんですが、またも枠が「大外」で、昨年も同じ枠から一気に上がっていった時は3着まで来るのではという勢いもありながら、結果は4着まで。別記事で出した「データ分析」でも圧倒的に不利といわれる大外枠、実績を考えれば克服してもおかしくない感じも持ちつつ、泣く泣く断念しました。

続きを読む "2016GⅠ一押し情報「有馬記念」(番外編)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016GⅠ一押し情報「有馬記念」(番外編あり)

最初に。通常ならここで「一押し」を紹介するところですが、今年は例年と異なる事情が発生した為、「番外編」の中で紹介させていただきます。

今年も春から秋にかけて【GⅠ一押し情報】を見ていただいた皆さん、ありがとうございました。
地方は29日に「東京大賞典」が控えているものの、中央しか記事の提供はしないので、今年版に限れば今日の「有馬記念」をもって終了とさせていただきます。
来年も例年通りであれば2月の「フェブラリーS」から開始しますので、来年も見ていただけるとうれしいです。

中央で行われる今年最後のG1、つまり「グリーンチャンネル」で開催の「炎の十番勝負」の結果もこれで全てが決まります。先週までの2歳両G1は出走するどころか、デビューしているのかさえ予想するのが難しい為、勝ち馬を指名した人にのみ、通常よりポイントが上乗せされる、いわゆる「ボーナスポイント」指定レース。昨年は牝馬が荒れて牡馬は堅かったですが、今年は結果を見れば完璧なまでの逆転現象が発生。特に先週の勝ち馬、サトノアレスを指名した人がどれだけいたのか、興味があります。

中央G1の総決算といえば例年通りの「有馬記念」。数年前から生中継での「公開抽選」が恒例化し、下記の「データ分析」でも出していますが、枠順が決まった時点から悲喜こもごもありました。秋のG1の共通項だった「登録頭数の少なさ」はここでも健在で、結果的に何とかフル16頭集結したものの、メンバー構成からすると「少数精鋭」という見方で正しいと思います。
実は、2週前登録の段階でレインボーラインの名があり、もし出走してくれば今年も最後まで「独断と偏見」丸出しで締めくくろうと思いましたが、後に回避が判明。お陰で今年はステイ産駒&近親の出走がなくなったので、素直に下記の「データ分析」から「一押し」を探りました。

続きを読む "2016GⅠ一押し情報「有馬記念」(番外編あり)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月18日 - 2016年12月24日 | トップページ | 2017年2月19日 - 2017年2月25日 »