« 2016年11月13日 - 2016年11月19日 | トップページ | 2016年11月27日 - 2016年12月3日 »

2016年11月20日 - 2016年11月26日

2016年11月20日 (日)

2016GⅠ一押し情報「マイルCS」

秋のG1戦線もここからが「正念場」で、予想するだけでも難しいレースガ続きます。
特に「グリーンチャンネル」が実施している「炎の十番勝負」は「スプリンターズS」直前の段階で、最終戦の「有馬記念」まで一気に予想しなければなりません。既にこの秋も起きた事ではありますが、前哨戦を使っても後に故障が発覚して使えなかったり、路線を変更してきたり、出走する段階で指名した馬が出てこないケースはしょっちゅう。これから12月に入ると、ますますその傾向が強くなるのは明らかです。
本命既定路線を歩むのか、それとも出てこれるか分からないけど、イチかバチかで指名してみるか、ここも運命の分かれ道です。

今年のG1戦線、全体として登録の段階からフルギリギリ、もしくはフルに満たない状況が続いていますが、その傾向はこのレースでも継続。登録の段階で出走を表明していた外国馬が直前で辞退し、除外対象だった1頭が滑り込み。これでフル18頭です。国際レースガ続くと言っておきながら、海外でも主要なレースガ続くので、仕方ない面は考慮しつつも、現段階で外国馬が出走してくるのは来週の「ジャパンC」だけ。そろそろJRAも対策を考えなければいけない時期ではないかと思ってしまいます。

フル18頭で下記の「データ分析」を参考に「一押し」を決めさせていただきましたが、何しろ登録の段階から「混戦」と言われ続け、加えて「独断と偏見」も入るので、今回は多めにさせてもらいました。

サトノアラジン
フィエロ
サトノルパン
マジックタイム
ウインプリメーラ
ミッキーアイル
サンライズメジャー

混戦と称されてきた通りに「データ分析」も一長一短で、「独断と偏見」以外に関してはWINデータで当てはまった上に年齢でも当てはまっているマジックタイムとミッキーアイル、年齢と春と秋にマイル前後のG2を使い、前哨戦でも勝利しているサトノアラジンは文句なし。サトノルパンに関しては好走例が少ない「スワンS」2着等が不安要素で、フィエロとサンライズメジャーに関しては重賞出走歴以上に7歳という年齢。ただ、フィエロに限ると「「スワンS」では単勝1番人気に推されながら6~9着に敗れた後、本番で巻き返して優勝した」2010年のエーシンフォワードと、その経歴がまともに重なっていたりします。
そして「独断と偏見」は先週の「エリ女」とW登録した上で、こちらを選んできたウインプリメーラは、ここが「本当の」引退レース。実は昨年の段階で「今年の春に引退」という話が出たら「京都金杯」で勝利、「ヴィクトリアマイル」と「クイーンS」で連敗して「ここで負けたら引退」だった前走の「ポートアイランドS」を勝利し、共に自らの力で引退を先延ばしにしてきました。前走は短期免許で来日していたヴェロン氏で勝利し、今回も短期免許で来日したアッゼニ氏が鞍上。元々京都で実績を持っている通称「京女」で、その中でも最も好成績を挙げてきたのは今回と同じマイル。同性同士でも距離が長い「エリ女」よりは、こちらの方が舞台設定的にも会うでしょう。「お嫁入り」の為にも、まずは無事にレースを終え、その上で成績も伴えば、これ以上は何もいりません。

続きを読む "2016GⅠ一押し情報「マイルCS」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月13日 - 2016年11月19日 | トップページ | 2016年11月27日 - 2016年12月3日 »