« 2016年10月30日 - 2016年11月5日 | トップページ | 2016年11月20日 - 2016年11月26日 »

2016年11月13日 - 2016年11月19日

2016年11月13日 (日)

2016GⅠ一押し情報「エリザベス女王杯」

秋のG1戦線も中盤戦。先々週の「天皇賞・秋」から「チャンピオンズC」まで、いわゆる3歳と古馬が激突するレースが続きます。そして外国馬の参戦があるのか、ないのかが注目されるところですが、現状では来週の「マイルCS」まで参戦はないようです。
また、特徴として先々週の「天皇賞・秋」、そして今週の「エリザベス女王杯」と登録段階でフルに満たないレースが続出。その傾向は他の重賞にも反映していて、出走表を見ても「非当選・非抽選」が出ていない場合が多いです。

実はこのレースで「菊花賞」以来の「独断と偏見」を入れる予定でしたが、先週までに対象だった馬が回避して来週の「マイルCS」に進むのが判明。そんな訳で先々週と同様に、下記のデータを参考にして「一押し」をお届けします。

ミッキークイーン
マリアライト
ヒルノマテーラ
タッチングスピーチ
アスカビレン
パールコード

まず、「WIN」までを含めて該当する項目が多かった上、マイル以下も使っていない点を評価してマリアライト・タッチングスピーチ・アスカビレン・パールコードを入れました。マリアライト・タッチングスピーチに関しては前走で上位に来ていなかったものの、そのレースは牡馬混合のG1やG2を考えれば納得できる面もあります。これだけでは心もとないので、他にどれを入れるか…3歳時の「エリ女」でも上位人気になりながら崩れたクイーンズリングよりは今年、マイル以下しか使っていない不安要素を持ちつつも、昨年を考えれば上位に来れる雰囲気のあるミッキークイーン。そして過去に何頭かステイ産駒がこの手で健闘した「準オープンからの格上挑戦」、もしくは重賞で一息よりも牡馬混合のオープン特別を勝ってきたヒルノマテーラを入れてみます。

続きを読む "2016GⅠ一押し情報「エリザベス女王杯」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月30日 - 2016年11月5日 | トップページ | 2016年11月20日 - 2016年11月26日 »