« 2016年10月16日 - 2016年10月22日 | トップページ | 2016年10月30日 - 2016年11月5日 »

2016年10月23日 - 2016年10月29日

2016年10月23日 (日)

2016GⅠ一押し情報「菊花賞」

この秋の「炎の十番勝負」は「波乱続き」。1強と目された「スプリンターズS」は、その1強が崩れ、「秋華賞」も指名数・本番でも1番人気だったであろうシンハライトに故障が発覚して離脱、結果は春の主力とトライアル勝ち馬が見事に崩れて波乱。両レースに共通して言えるのは「新興勢力の台頭」であり、先週の「秋華賞」は典型例。ついでに言うと、トライアルでは強くても、やはり長距離輸送経験のなさは本番で大きく響くものだと実感。実際に本番の1・2着は「紫苑S」経由で下が、共に所属は関西でした。

牡馬3冠の最終戦は「菊花賞」。距離を含めて未知数の事柄が多い中、ここ2戦と同様に「新興勢力が台頭するのか」、それとも「春の勢力図がそのまま維持されるのか」に注目しています。
「秋華賞」の際にも起きた「抽選での悲喜こもごも」はこのレースでもご多分に漏れず。しかも今回の場合は抽選対象が3頭で、除外は1頭だけという超シビア。その結果、コスモジャーベとサトノエトワールが抽選を突破してネイチャーレットは除外。ちなみにネイチャーレットは昨日に行われた東京での1000万条件を勝利していました。この件で思い出すのは何年か前に同じく何頭かのうちで1頭が除外というもので、その悲運を味わったのがステイ産駒のロードアイアンでした。
そんな訳で抽選突破の2頭を含めてフル18頭が集結。この中から下記で示している「データ分析」を参考にして「一押し」を決めました。なお、何度も書くようですが、この「菊花賞」までは確実に「独断と偏見」が大いに入っていますので、ご了承下さい。

なお、出走するうちでドリームジャーニー息子ミライヘノツバサに緊急事態が発生!
昨日の京都9Rでヴィクタープライムが馬体に故障を発生して転倒し、その影響で鞍上の藤岡佑氏が落馬負傷。右脛骨近位端骨折の疑いで今日の全レースで騎手変更となり、ミライヘノツバサは弟である藤岡康氏で挑む事になりました、


サトノダイヤモンド
シュペルミエール
ミライヘノツバサ
レッドエルディスト
レインボーライン
ジュンヴァルカン

「独断と偏見」以外の3頭は「神戸新聞杯」上位組でメルマガとWINデータが当てはまっているサトノダイヤモンドとレッドエルディスト、加えて1000万勝ち上がりで京都でも勝利実績を持つジュンヴァルカン。
「独断と偏見」の3頭は「上がり馬」2頭に「実績馬」1頭。シュペルミエールとミライヘノツバサは中山の「山吹賞」でも一緒に走り、3着だったシュペルミエールは結局、春のクラシックとは無縁のままで夏から秋を迎え、福島と阪神で条件戦を2連勝。加えてデビュー以来で4着以下はなし、距離も一貫して2000以上を使われてきました。ミライヘノツバサは「山吹賞」で賞金を加算して「皐月賞」出走までこぎつけたものの、出遅れもあって流れに乗りきれないままで惨敗。福島・札幌と転戦して禅僧の中山で1000万を勝ち上がって出走へ辿り着きました。この2頭と一線を画すのがレインボーラインでマイルの重賞を勝ってトライアルを経由して挑んだ「NHKマイルC」が3着。マイル路線を歩むのかと思ったら、何と「ダービー」に挑戦して着順は8着でしたが、勝ち馬からのタイム差は1秒以内。夏は「札幌記念」に挑戦して3着に健闘し、マイルから中距離へ進むのかと予想していたら、ぶっつけで大幅な距離延長でクラシック参戦。

続きを読む "2016GⅠ一押し情報「菊花賞」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月16日 - 2016年10月22日 | トップページ | 2016年10月30日 - 2016年11月5日 »