« 2016GⅠ一押し情報「阪神ジュベナイルフィリーズ」 | トップページ | 2016GⅠ一押し情報「有馬記念」(番外編あり) »

2016年12月18日 (日)

2016GⅠ一押し情報「朝日杯フューチュリティS」

季節的には真冬真っ只中ですが、競馬の世界では【有馬記念】が終わるまでは秋な訳で…一応は様々な雑誌や新聞でも「秋の」と前説がつきます。早いもので秋のG1戦線も障害を入れると残り3戦になりました。そして今週で今年の中京開催は終了し、今年の中央競馬の開催も来週の3連休3日間開催で終了となります。

先週から始まった【グリーンチャンネル】内の【炎の十番勝負】でボーナスポイントに指定されている2歳G1。先週の【阪神ジュベナイルフィリーズ】は上位人気がほぼそのままの力を発揮し、至って平穏な結果で終わりました。多分、多くの方がボーナスポイントを獲得したのでは…と思いきや、こちらへ出走する1頭を先週の方へ指名して、獲得し損ねた人も多かったのではないでしょうか?海外からの参戦があるのかどうかを探るより、この時期までにデビューしているのか、そして順調に事が運んで、ここに出走できるのか、もしくは別路線へ行ってしまうのか、様々な面が絡む2歳戦線の方が、やはり予想は難しいかもしれません。

今年は娘2頭を含んでフル18頭。こちらは抽選対象が7頭でうち4頭が出走可能になり、結果はアシャカリアン・クリアザトラック・トリリオネア・トーホウドミンゴが抽選を通過。サングレーザー・ヒロシゲグローリー・マテラレックスが除外と相成りました。

今回も【独断と偏見】を入れる馬が出てきたので、それを含めた状況で【一押し】をお送りします。その【独断と偏見】には今回、とてつもなく大きな【使命】が課せられる事になりました。

タガノアシュラ
クリアザトラック
ダンビュライト
ミスエルテ
アメリカズカップ
サトノアレス

【独断と偏見】以外について。新馬勝ちのみを取り上げるのはどうかと思いつつ、昨年の例もあるのでクリアザトラック。「WIN」データには当てはまらないものの、他のデータでは当てはまるダンビュライト。ミスエルテの不安点は前走の距離だけ。アメリカズカップとサトノアレスは「WIN」データを含んで当てはまる点が多かったので、入れました。
そして【独断と偏見】はタガノアシュラで血統だけを見ると何故入るのかと思われそうですが、母がステイの妹なので甥にあたります。ステイを代表にして取り上げられる一筋縄ではいかない一族ですが、この馬もどうやらその血筋を色濃く受け継いだようで、現実として2勝は共に逃走劇。この馬に課せられた【大きな使命】とは鞍上の豊氏が唯一勝っていない【国内の平地G1】。その今年のパートナーに選ばれたからです。新馬から前走まで一貫して1800m以上を使われて2勝を挙げていますが、やはり問題は逃走で勝った馬がいない事でしょう。くれぐれも粗相をしないように祈ります。

最初に今回を入れて残り2回になったJRAの公式メルマガに出ていた「データ分析」。

前走の距離に注目=中山・芝1600mで行われていた2006~2013年を含む過去10年の出走馬について前走の距離別成績を調べると、前走の距離が「1500~1600m」「1700m以上」だったグループが勝率で10%以上、連対率で17%以上を記録し、前走が「1400m以下」だったグループの数字を大きく上回っています。舞台が阪神となった近2年でも連対した4頭はいずれも前走で「1500m以上」のレースに出走。今年も前走の距離に注目してみたいところです。

ここからはJRAの公式HP内の「データ分析」。

波乱の要素も十分=過去10年の結果を単勝人気別にまとめると、連対率と3着内率で「1番人気」がトップに立ち、「2番人気」が3勝を挙げるなど、勝率で「1番人気」と並び、連対率と3着内率では2番手の数値を記録。舞台が阪神に移った2014年以降の過去2年では「1番人気」が1勝2着1回と2頭共に連対を果たして「2番人気」も1勝を挙げて上位人気に支持された馬が好走。その一方で2014年に「14番人気」のアルマワイオリが2着に入り、2015年は「11番人気」のシャドウアプローチが3着に入るなど、下位人気馬の台頭が続いている事も覚えておいて損はなし。余談ですが、2014年に「14番人気」で2着に入って波乱を起こしたアルマワイオリ。前走までの実績から【一押し】に入れたところ、結果として2着まで来て驚いたのを覚えています。

デビュー戦で連対していた馬が強い=過去10年の出走馬について、デビュー戦の着順別に成績を調べると、優勝した10頭中8頭はデビュー戦で「1着」で、残る2頭も「2着」に入っており、デビュー戦で「3着以下」だった馬は過去10年で47頭が出走して未勝利にとどまっているだけでなく、2着も2回のみ。ちなみに阪神で行われた過去2年でも、連対した4頭は全てデビュー戦で「2着以内」に入っているのを考えると、デビュー戦の着順はしっかりチェックした方がいいでしょう。

JRA初勝利時の位置取りに注目=過去10年の出走馬について、JRAで初勝利を挙げたレースでの4コーナーの位置別成績を調べると、優勝した10頭は全て4コーナーを「2~6番手」で通過し、阪神で行われた過去2年の連対馬4頭は、いずれも「4番手以内」で通過。このレースでは、JRAで初勝利を挙げた際に比較的前目の位置で4コーナーを通過していた馬が活躍する傾向にあるようです。つまり逃げてもダメ、極端に後方過ぎる、いわゆる直線一気に懸けるだけでもダメという事でしょう。

1500m以上での勝利実績が重要=公式メルマガ内にも出ているデータではありますが、ここでも改めて登場。過去10年の出走馬について、JRAの1500m以上のレースでの勝利数別に成績を調べると、優勝した10頭にはJRAの1500m以上のレースで勝利経験があり、優勝経験がなかった馬は2着が5回あるものの、勝利には届いていません。短距離で実績を残してきた馬も上位争いまで加わる事はできるものの、勝ち切れるかまで問われた際は、やはり分が悪くなるみたいです。また、3着内率で見ると「2勝以上」が「1勝」「0勝」に大きな差をつけてトップに立っていて、デビューが遅かったり、大事に使いたい等の方針で使うレース数が少なくなったりする場合もありますが、JRAの1500m以上のレースでより勝利数の多い馬を重視したいところです。

最後に「勝ち馬を探せ! FOR THE WIN」は前走での勝利に関する件。
前走1着馬が連勝中=2008年以降の過去8年の出走馬の前走の着順別成績を調べると、優勝馬8頭は全て前走で1着。「前走1着」組と「前走2着以下」組の出走頭数は同数の65頭となっており、その中で「前走1着」からしか優勝馬が出ていない点は、見逃せないデータと言えるでしょう。

|

« 2016GⅠ一押し情報「阪神ジュベナイルフィリーズ」 | トップページ | 2016GⅠ一押し情報「有馬記念」(番外編あり) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129064/64639666

この記事へのトラックバック一覧です: 2016GⅠ一押し情報「朝日杯フューチュリティS」:

« 2016GⅠ一押し情報「阪神ジュベナイルフィリーズ」 | トップページ | 2016GⅠ一押し情報「有馬記念」(番外編あり) »