« 2016GⅠ一押し情報「ジャパンC」 | トップページ | 2016GⅠ一押し情報「阪神ジュベナイルフィリーズ」 »

2016年12月 4日 (日)

2016GⅠ一押し情報「チャンピオンズC」

私、昨年に生まれて初めてG1観戦をしたのが、この「チャンピオンズC」です。
とにかく場内は人だらけで、特にレースを見ようとするものの、黒山の人だかりで馬すらも見えず。ただ、早い時間帯からパドックに釘付け状態だったお陰で、パドックは最前列で体験。場内と同様、パドックも上の上まで人がギッシリ詰まってました。

このレースもフルに満たない15頭で行われますが、出走馬が決まるまでにアクシデントが立て続けに発生したのは周知の事実で、しかもアクシデントに巻き込まれたのは、本番に出てきたら有力候補、上位人気に入っているであろう馬たちでした。
まず、過去にこのレースを勝った経験を持ち、ここを含めて積み上げたG1は最多記録となる10勝。今年で引退が既に決まっていたホッコータルマエが、故障を発生して出走を断念。そのまま引退する事になりました。今年、国内で行われる最後のG1である「東京大賞典」後に予定されていた引退式も中止が発表されています。もう1頭は前哨戦の1つになっている「武蔵野S」で馬場状態もあったにせよ、コースレコードを大幅に更新し、芝並みのタイムで制したタガノトネールが調教中に重度の骨折を発症し、そのまま天に召されてしまいました。

「チャンピオンズC」に名称が変更され、国際レースではなくなったものの、昨年は香港からガンピットが参戦。左回りになって参戦は今のところないものの、予備登録の段階だけ見るとアメリカの馬の名をチラホラ見掛けるようになりました。もし、参戦してくれば、きっと盛り上がるでしょう。

木曜に枠順が確定して「出走表」が出ているので、その中から「一押し」を決めさせていただきました。今回も少々「独断と偏見」が入ってます。

アウォーディー
アスカノロマン
モンドクラッセ
サウンドトゥルー
ノンコノユメ
ゴールドドリーム

まず、外国産が不振というので、WINデータを含んで当てはまる項目が多すぎたアウォーディーを例外として扱い、重賞実績や上位人気になるであろう事を考えてもラニ・アポロケンタッキー・モーニンは除外。あと年齢面と過去の成績で、こちらも上位人気確実なコパノリッキーを除外。
結果としてWINデータを含めて多く当てはまったノンコノユメ、「東海S」勝ちがあるアスカノロマン、6歳以上であっても昨年のこのレースで3着を確保したサウンドトゥルー。3歳で辿ってきた経歴がノンコノユメと似ているゴールドドリーム。
最後に「独断と偏見」で入れたのが「東海S」2着の実績を持つモンドクラッセが今回、逃げに出るのか出ないのか。ちなみに脚質は正反対ですが、カゼノコとは父が同じで母が全姉妹という間柄で、つまり「従兄弟」にあたります。

最初にJRAの公式メルマガに出ていた「データ分析」。

乗り替わりは苦戦!?=「ジャパンCダート」の名称で行われていた2005~2013年を含む過去10年の3着以内30頭のうち25頭は「前走と同じ騎手」が騎乗した馬で、いわゆる「乗り替わり」だった馬は3着内率8.8%と苦戦。ちなみに「乗り替わり」で臨んだうちで前走の着順が3着以下だった馬の成績は勝ち馬1頭で、あとは全て4着以下、その唯一の3着以内で、なおかつ勝ち馬になったのは2008年でカネヒキリ。そのカネヒキリは前走が故障からの超がつく長期の休養明けだった、そもそも前走で惨敗していてもおかしくない経歴。今年はこんな経歴の馬、もちろんいません。

ここからはJRAの公式HP内の「データ分析」。

外国馬・外国産馬は不振=今年、最も取捨に悩んだのはこのデータで、もし来てしまった素直に「ごめんなさい」します。まず、今年はないので参考になりますが、外国馬は過去10年で9頭が出走したものの、全て4着以下。3着以内に入ったのは2003年の優勝馬フリートストリートダンサーが最後で、昨年も香港からオールウェザーで連戦連勝と触れ込みでガンピットが参戦してきたものの、結果は惨敗。成績が思わしくないのは外国馬だけでとどまらず、過去10年における外国産の日本馬の成績を調べると、延べ13頭中12頭が4着以下に敗れ、3着以内に入ったのは2006年2着のシーキングザダイヤ。今年、G1を始めとして前哨戦を含む勝ち馬に外国産がぞろぞろ。海外から参戦してくる馬だけでなく、海外で生まれた“外国産馬”も評価を下げるべきと出てはいますが、昨年のサンビスタ同様、このデータを打破する馬が出るかどうかに注目します。

前走の着順と単勝人気に注目=過去10年の3着以内延べ30頭中、メルマガデータでも登場する2008年の優勝馬カネヒキリを除く29頭は、前走が国内のレースで4着以内に入っていたので、基本的には前走好走馬が強いレースであり、そう考えるとカネヒキリが如何に希有な存在だったかが分かります。また、過去10年に優勝した10頭は、いずれも前走が国内のレースで、そのレースでの単勝人気が4番人気以内で、そのレースで5番人気以下だった馬は3着内率12.0%とやや苦戦。臨戦過程を比較する際は、前走の着順が良かった馬だけでなく、前走で上位人気に支持されていた馬も高く評価すべきでしょう。中には上位人気に支持されながら意外な着順に沈み、本番で評価が下がったら巻き返すパターンも多い訳です。

同年の成績をチェック=過去10年の3着以内延べ30頭中19頭は、同年のJRAのダート1600~1800mの重賞において連対経験があり、該当すると3着内率30.2%と好走率も比較的高い。中央も重賞が増えてきているとはいえ、地方の交流重賞の方がG1を含んで多いので、積極的に地方へ参戦する馬もいるようですが、やはりまずは年明け以降にJRAのダート1600~1800mの重賞で好走している馬は信頼できるようです。なお、同年のJRAのダート1600~1800mの重賞で連対経験がなかった馬のうち、本番で3着以内に入った延べ11頭中8頭は、過去に“11月、12月、1月のG1・Jpn1”で3着以内に入った経験があり、2010年以降の該当馬5頭はいずれも同年11月に地方で行われたJBC諸競走で3着以内に好走。冬場のダートG1、特に同年11月に行われた地方のJBCで好走していた馬は、前出の条件をクリアしていなくても注目しておきたいところです。

高齢馬は割り引き=限定G1以外で【恒例】の年齢話。過去10年の年齢別成績を調べると、7歳以上の馬は優勝例がありません。加えて前年以前の「チャンピオンズC(「ジャパンCダート」時代を含む)」で5着以内に入った経験がなかった馬に限ると、更に年齢が下がって6歳以上の馬は全て4着以下に敗れています。年齢の高い、特にこのレースで5着以内に入った経験のない6歳以上は過信禁物と見るべきで、今年も有力馬に結構年齢の高い馬がいたり、そういう年齢でようやくG1初出走にこぎ着けた馬もいます。

近年は前走の4コーナーの通過順がポイント=ダート1800mで行われた過去8年の出走馬について、前走が“国内のレース”だった馬に限定して前走の4コーナーの通過順別成績を調べると、通過順が「9番手以下」だった馬は3着内率が4.2%にとどまっています。このレースに限らず、特に中京のダート1800mで後方から直線一基を決める馬、ほぼ見た事はありません。前走で後方からレースを進めていた馬は評価を下げた方が良さそうですが、どうしても前へ行けない、後方からでないと力が発揮できない馬の陣営にとってはコース取りと、どこから動くかがポイント。基本的に前へ行った方が有利なんですが、このレースに限ると逃げ馬にも展開は厳しいようで、、「先頭」で通過していた馬も3着内率は18.8%と「2~8番手」で通過していた馬の数値(25.0%)を下回っています。過去5年でこれに該当する11頭中4頭は単勝2番人気以内の支持を集めていたが、結果として着順は10着、3着、12着、7着と1頭を除いて惨敗。後方一気も厳しければ、たとえ前評判が高くても前走の4コーナーを先頭で通過した馬は評価を下げるべきかもしれません。

最後に「勝ち馬を探せ! FOR THE WIN」は上に出したデータの総括。

実績や前走の内容を重視したい=過去5年に優勝した5頭は、いずれも国内のG1・Jpn1での最高着順が5着以内、かつ同年の国内のダート重賞で優勝経験がある馬。まずはビッグレースで上位を争った経験があり、同年のダート重賞を制している馬が勝ち馬の有力候補。また、この5頭は前走の着順が4着以内だった点、前走の単勝人気が4番人気以内だった点、前走の4コーナーを2~5番手で通過していた点も共通しています。

|

« 2016GⅠ一押し情報「ジャパンC」 | トップページ | 2016GⅠ一押し情報「阪神ジュベナイルフィリーズ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129064/64579850

この記事へのトラックバック一覧です: 2016GⅠ一押し情報「チャンピオンズC」:

« 2016GⅠ一押し情報「ジャパンC」 | トップページ | 2016GⅠ一押し情報「阪神ジュベナイルフィリーズ」 »