« 2016GⅠ一押し情報「有馬記念」(番外編あり) | トップページ | 2017GⅠ一押し情報【フェブラリーS】 »

2016年12月25日 (日)

2016GⅠ一押し情報「有馬記念」(番外編)

最初に別記事で紹介している「データ分析」を参考にして選んだ「一押し」はこちら。人気薄を含んでいる為、多めにしました。

キタサンブラック
ゴールドアクター
ヤマカツエース
サウンズオブアース
アドマイヤデウス
サトノダイヤモンド
シュヴァルグラン

まず、メルマガとWINを含めた事前にはっきり分かるデータが全て当てはまった上に前走を含めて過去全勝という最内に入ったキタサンブラック、枠を除けばWINまでほぼデータが全て当てはまっているサトノダイヤモンドは、まず確定。続くのは枠が内枠でWIN以外のデータが全て当てはまっているゴールドアクターとサウンズオブアース。更に枠やG1での着順等の不安要素は持ちつつも、データを見れば条件的に当てはまっているアドマイヤデウスとシュヴァルグラン。そして、最後に入れたのは過去に穴を提供したオーシャンブルーと同じ「金鯱賞」1着経由、更に距離は違えど過去に中山で重賞勝ち実績があり、しかも内枠というヤマカツエースまで入れておきます。

実はここ数年と同様、ここが引退レースと決まっている馬が1頭。「宝塚記念」で指名して大変お世話になったマリア様ことマリアライト。入れてあげたい気持ちは山々なんですが、またも枠が「大外」で、昨年も同じ枠から一気に上がっていった時は3着まで来るのではという勢いもありながら、結果は4着まで。別記事で出した「データ分析」でも圧倒的に不利といわれる大外枠、実績を考えれば克服してもおかしくない感じも持ちつつ、泣く泣く断念しました。

何故、今回は「番外編」を書くに至ったか。
それは一昨日に地元の場外、エクセルで行われた【金曜有馬祭り】に参加した為。
県内初、加えて現在でも唯一解説されている中央の場外発売所が市内にあり、同じビルの1階下であり、イベントの主会場でもあったスペースは後に開設された、こちらも県内初で現在でも唯一の地方場外発売所「ジョイホース」。つまり土日に限ると時間帯が合えば中央と地方を移動しながら楽しめる土地です。そして今回、初めてジョイホースの中に入りましたが、とてもきれいな空間で、エクセル同様に静か。無料情報誌もごっそりいただいてきた上に来年の南関東競馬のカレンダーまでいただいてしまいました。

エクセルでのイベント開催は毎年秋の恒例で、JRAの競馬場からポニーが来たりしていて、毎年参加したい気持ちは持っていたものの、悲しいかな、どうしても時期的にJリーグが佳境で、試合開催が重なってしまい、参加できずにいました。
開場前の「ジョイホース」内で行われたのが【予想トークショー】。
毎年、ここのイベントで司会を務めているのが地方・園田で実況を担当している竹之上アナ、そして解説で出演しているのは【競馬エイト】のトラックマンで【グリーンチャンネル】でもおなじみ、テリーこと津田氏。そして今回は「有馬記念」だという事でスペシャルゲストとして地上波の競馬中継の解説でおなじみ、ホソジュンこと細江純子さんが登場!
貼られた出走表に竹之上アナを含む3人がそれぞれ印を入れ、最後に3人の買い目を披露まで、調教での動きやパドックでの見極めを含めて、これでもか!と聞かせていただきました。
更にこれだけでは終わらないこのイベント。数時間後には個室で3人から競馬についてのお話が聞ける【相談会】があり、制限時間を忘れるくらいにいろいろお話させていただきました(とにかく舞い上がっちゃって話が広範囲に及んじゃってすみませんでした)。

余談ですが、さすがに津田氏が登場するのに買わない訳にはいかないだろうと初めて新聞形式の専門紙を購入。相談会の終了間際に「いつもグリーンチャンネルを拝見しています」と言ったら、細江さんから「「みんなのKEIBA」も見て下さいね」とPRが…今日は久々に地上波も見ます。

|

« 2016GⅠ一押し情報「有馬記念」(番外編あり) | トップページ | 2017GⅠ一押し情報【フェブラリーS】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129064/64672353

この記事へのトラックバック一覧です: 2016GⅠ一押し情報「有馬記念」(番外編):

« 2016GⅠ一押し情報「有馬記念」(番外編あり) | トップページ | 2017GⅠ一押し情報【フェブラリーS】 »