« 2016GⅠ一押し情報「菊花賞」 | トップページ | 2016GⅠ一押し情報「エリザベス女王杯」 »

2016年10月30日 (日)

2016GⅠ一押し情報「天皇賞(秋)」

先週の「菊花賞」で3歳G1路線は終了。既に春が終わった時点で路線変更している馬も多いですが、これから一気に動きが加速すると思われます。上がり馬が上位を独占した「秋華賞」とは趣が違い、終わってみれば春の勢力がそっくりそのまま力を出した、もしくは示した「菊花賞」だったと個人的には感じています。

さて、今週からは年齢制限なしの、まさに「ガチンコ」な戦いの初戦である「天皇賞(秋)」ですが、メンツがメンツなので、ある程度の納得はしますが、登録時点で見事なまでに少数精鋭。更に3歳の出走なし。当初は「札幌記念」経由でレインボーラインが出走するのかと思ったら、向かったのは何と「菊花賞」で結果は2着。鞍上の福永氏のコメントでは「ベストは2000から2400」と出ているので、来年の今頃はこちらへ出走しているかもしれません。これから使うかどうかは今のところ出てません。
先週まで2週連続で「独断と偏見」丸出しでしたが、今週から「独断と偏見」がない限りは下記の「データ分析」を参考にして決める予定です。

アンビシャス
ロゴタイプ
サトノノブレス
モーリス
ルージュバック
ステファノス

今回、困ったのは海外を転戦してきたエイシンヒカリの存在で、しかも入った枠が最内。スンナリいければ、そのまま行き切ってしまうだろうし、早めに競りかける馬がいるのかどうかetc…を考えた末に、遠慮する事にしました。
結果として「毎日王冠」で上位に入ったアンビシャスとルージュバック、加えてWINデータのG3勝ちがあるロゴタイプとサトノノブレスとステファノス、枠がよかったのとデータで当てはまる項目が多かったモーリスです。

最初にJRAの公式メルマガに出ていた「データ分析」。

前走好走馬が活躍=過去10年の前走の着順別成績を調べてみると、優勝10頭中9頭が前走で3着以内に入り、前走4着以下で優勝したのは「毎日王冠」9着から巻き返した2012年のエイシンフラッシュのみ。また、2着も10頭中5頭、3着も10頭中9頭が前走で3着以内。一方で前走10着以下に敗れていた馬は24頭が出走して1頭も3着以内に入れず。前走で上位争いに加わっていた馬を高く評価し、前走成績が2ケタ着順の場合は評価を下げるのが妥当みたいです。

ここからはJRAの公式HP内の「データ分析」。


単勝人気別の成績に注目=過去10年の単勝人気別成績を調べてみると単勝1番人気が4勝、3着内率も80.0%と高い数値をマーク。しかし、2番人気は0勝で2着と3着が3回ずつ。3番人気は2着以内が0回と勝ち切れず、少々厳しい傾向。その反面で5番人気が4勝している(2009年カンパニー、2012年エイシンフラッシュ、2013年ジャスタウェイ、2014年スピルバーグ)のは注目できるところ。前走で好走して人気を集めるも、本番になると力を発揮できずに終わる。逆に実績がありながら前走までの成績で人気を落とし、本番で力を発揮して勝ち切る。両極端な結果に出やすいようです。また、過去10年の単勝オッズ別成績を調べてみると、単勝10倍台が4勝を挙げているが、それらはいずれも上記で挙げた5番人気。つまり「単勝10倍台で5番人気」が実は隠れたヒントだったりします。

馬番別の成績をチェック=2002年に東京のコース改修工事が行われたのは有名な話。それまでは今回の舞台である芝2000は枠順にとって有利不利が出ると何度か問題視されてきました。枠順の有利不利はどこの競馬場でもあり得ますが、枠順抽選の段階から戦いは始まっている訳です。新コースとなった初年度の2003年は8枠18番からスタートしたシンボリクリスエスが優勝したものの、それを最後に15番から外の馬番に入った馬は2着以内に入れず、過去10年の馬番別成績を調べてみても全体的に外寄りの馬番は苦戦し、好成績となっているのは真ん中の「7、8番」で7頭が3着以内。極端な内外よりも、むしろ真ん中に入った方が有利なコースみたいです。

4、5歳馬が中心=年齢制限なしのG1になると必ず出てくる「年齢」の話。過去10年の年齢別成績を調べると、3着以内延べ30頭中22頭が4歳と5歳で好走率でも上位。なお、6歳以上は連対したのが2009年の優勝馬カンパニー(8歳)のみと苦戦傾向。ちなみに今回は出走がないので参考外ですが、3歳で優勝したのは1984年に距離が2000mに短縮されて以降で1996年のバブルガムフェローと2002年のシンボリクリスエスのみで、過去10年に限ると15頭が出走して2着が2頭、3着が3頭出ているが、優勝した馬はいません。

前走のレース別成績もチェック=過去10年の前走のレース別成績を調べると、前走「宝塚記念」が好相性な一方で、それ以外のG1から臨んだ馬は連対なしという何とも両極端な成績。同じ東京で行われる「安田記念」を経由する場合も多いんですが、連動性に関してはないようです。また、「前哨戦」と呼ばれるG2も夏から秋にかけていくつかあるんですが、同じ東京で行われている「毎日王冠」組が好成績を残している一方で、それ以外のG2から臨んだ場合の成績はいまひとつ。「京都大賞典」組で3着以内に入ったのは昨年の優勝ラブリーデイだけだし、同じ関東の中山で行われている「オールカマー」組も2006年にスウィフトカレントが2着に入って以降、1頭も3着以内に入っていない事実があります。ちなみに今回は参考外になる3歳は「菊花賞」に向けての重要なトライアルである「セントライト記念」「神戸新聞杯」から臨んだ3頭がいずれも3着以内に入っています。同じG1やG2でも使うレースによって、本番の成績に大きな差が出るのは明らかです。

最後に「勝ち馬を探せ! FOR THE WIN」は同じ重賞でも格下で見落としがちなG3、もしくは更に下のオープン特別にまで及ぶ話。
3走前までにG3またはオープン特別で2着以内に入っていた馬が3連勝中=過去3年の優勝馬は、いずれも3走前までにG3またはオープン特別で2着以内に入り、G1路線を歩んできたトップホースより、ここにきて上昇してきた馬がG1制覇を飾る、というケースが続いている。今年もそういった勢いを感じさせる馬に注目したいところです。そういえば最近は「悲願のG1制覇」という言葉を「宝塚記念」より聞く機会が多い気がします。


|

« 2016GⅠ一押し情報「菊花賞」 | トップページ | 2016GⅠ一押し情報「エリザベス女王杯」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129064/64418179

この記事へのトラックバック一覧です: 2016GⅠ一押し情報「天皇賞(秋)」:

« 2016GⅠ一押し情報「菊花賞」 | トップページ | 2016GⅠ一押し情報「エリザベス女王杯」 »