« 3/24の競馬 中京終了 | トップページ | 3/30の競馬 »

2013年3月26日 (火)

花の季節到来(花の変遷編1)

桜に関する日記は別で書くとして、桜以外の花についても少し書いていくとします。ちなみに自身の勤務先の敷地内にある桜はちょうど今が見頃なんですが、実は明後日の予報が「雨」につき、これで花が散ってしまうのではという恐れもあります。来週には入社式もあるので、他の敷地内にある分を含めて何とか保ってくれるのを祈るしかありません。

まだ花の種類が少ないというか今年の冬も寒さが厳しかった1月中旬、沼津市のビニールハウス内で満開に咲いていたのはミカンの白い花。栽培農家は甘い花の香りが漂う中、上着を脱いで芽かき作業に精を出しているそうです。ハウス内で花を咲かせているのはわせ種の「宮川」で新年が明けて間もない頃から咲き始め、12月初旬から暖房して夜間は約18℃、日中は24℃前後に設定。まさに真冬の時期にしてハウス内だけは数ヵ月季節を先取りしている感じといっていいでしょうか。農家の方は「昨年より花の数が多いので、収穫量が増える事を期待している」と話し、収穫は7月上旬を予定。
今の時期はイチゴの話題が出る事が多い県内ですが、数ヵ月も経てば再びミカンの話題が多くなります。恒例ではありますが、冬の時期は我が家もミカンばかり食べていたような記憶があります。

ビニールハウス内でミカンの花が満開を迎えているのと同じ時期に市内のフラワーパークではチューリップが赤やピンクの花を開き始めました。年明けから鉢植えで並べられた約2万球のチューリップは厳しい寒さに加えて地元特有の空っ風で余計に増した冷え込みで堅いつぼみのままだったが、1月中旬から次々とほころび始めて五分咲きで、鉢植えの一部は下旬に行われた「農林水産まつり」で販売。
なお、フラワーパークとチューリップといえば先週末から「チューリップフェア」が始まって4/10まで開催され、4月初旬に開花のピークを迎えるそうです。園内には50品種30万球が植えられていて、水辺の広場周辺では桜と同時に楽しむ事ができ、周辺ではチューリップ以外にもアマギヨシノやチョウシュウヒザクラ等が見頃。一方でフラワーパークと近くにある舘山寺温泉観光協会はフェアをPRする観光キャンペーンをJR浜松駅構内で行い、パークや協会、市の職員らが市のマスコットキャラクター「出世大名家康くん」と一緒に駅の利用者らにチラシ等を配布して来園を呼び掛けたそうです。関係者は「チューリップの植栽数も昨年の倍にした。協会と連携していろいろなイベントを仕掛けたい」と意欲を見せています。

冬の時期に咲く花の代表といえば梅だったり、カワヅザクラに代表されるような早咲きの桜だったりしますが、昨年から今年にかけての冬もここ数年と同様に寒さが厳しかったのが影響してか、開花が全体的に遅かったようです。それを思うと平年や昨年よりも早いペースで開花していくソメイヨシノは驚異的であり、同時に気温差が激しいのを実感します。

伊東市の松川湖畔の公園で1月下旬からロウバイの花が見頃を迎え、観光客や散歩中の市民が光沢のある黄色い色彩と甘い香りを楽しんでいたそうです。1998年と2003年に計300本を植樹し、現在は市が管理。1月下旬時点での開花状況は木によって満開だったりつぼみだったりで全体では五、六分咲きの状態。伊豆の国市の寺でもロウバイの花が見頃を迎え、拝観者でにぎわっています。11年前に檀家(だんか)から約200本の苗を譲り受けて育て始めたそうです。
ちなみにネットで「ロウバイ」について調べてみたら漢字で書くと「梅」という文字が使われているものの、実は「ロウバイ科ロウバイ属」で梅が属する「バラ科サクラ属」とは違うそうです。

梅の早咲きといえば熱海に代表されるような伊豆が県内では有名な土地にあたりますが、地元周辺でも続々開花が進んでいました。
2月上旬から開花が始まったのは菊川市にある黒田家代官屋敷の庭園で寒紅梅や白加賀等13種類180本が植えられています。なお、ここは公園等の公共施設ではなく個人宅の為、まつり開催中のみ期間限定で無料開放されています。
掛川市の横須賀城跡公園でも梅の開花が進み、新聞記事で出ていた2/12現在で一分から五分咲き程度。梅園は約2500㎡で紅梅が62本、白梅が21本あり、来場者は国指定文化財の城跡を散策しながら花見を楽しむ事ができます。
また、掛川市から菊川市を通って、もう少し東へ行くと牧之原市に相良梅園があり、紅梅や白梅、しだれ梅等が花を咲かせていたそうです。園内には20種類計約700本の梅の木が植えられていて、白やピンク色の花が園内を彩り、訪れた人たちは梅の木アーチをくぐり、カメラに収めていたそうです。

|

« 3/24の競馬 中京終了 | トップページ | 3/30の競馬 »

コメント

おじゃまします

さすがにハウス内だと
花が咲いててもお目にかかりにくいかなと思います^^;

ロウバイは普通の梅とは違うのですか?
ちょっとロウバイしてしまいそうですね…(謎

投稿: 日本マウントWEB事業部 小塩 | 2013年3月28日 (木) 10時42分

日本マウントWEB事業部 小塩様
コメントありがとうございます。
そもそも路地でミカンの花が咲くのは、もっと後の話で、ハウス栽培に加えてわせ種なので、まだ路地物が出回っている時期にしてミカンの花を見る事ができるのだと思います。
ロウバイが通常の梅と違う仲間だというのは私もたまたまネットで調べて初めて知りました。

投稿: はと | 2013年3月28日 (木) 19時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129064/57035250

この記事へのトラックバック一覧です: 花の季節到来(花の変遷編1):

« 3/24の競馬 中京終了 | トップページ | 3/30の競馬 »